大ヒット漫画「るろうに剣心」に登場する瀬田宗次郎。

 
緋村剣心とほぼ互角であり、敵キャラながら優しそうな表情ということもあり、非常に人気の高い存在です。

 
得意技は驚異的なスピードで移動する「縮地」というものですが、一体、どれほどの速さなのでしょうか。

 
基本はこの速さことはできず、北海道編では3人だけ見破れる人がいると宗次郎が解説していますが、どんな人物かも気になります。

 
今回は、るろうに剣心に登場する瀬田宗次郎の縮地について深掘りをしていきます。

【るろうに剣心】瀬田宗次郎の縮地とは?

瀬田宗次郎の得意技の一つに「縮地」があります。

 
まずはこの技について解説していきます。

縮地とは?
驚異的な脚力で初速から一気に最高速に達し、一瞬で相手の間合いを侵略することができる幻の移動術。

志々雄曰く「目にも写らない速さ」であり飛天御剣流の「神速」すら上回り、手を抜いた縮地ですら剣心を速度で圧倒していた。

室内の戦闘であれば、天井も使用した「全方位空間攻撃」を展開できる。
(引用:wikipedia)

 
宗次郎は身長163cm、体重51kgと華奢な体つきですが、尋常では脚力を持っており、「縮地」により一般の人間では見えないほどの速さで移動することができます。

 
縮地そのものは相手へ攻撃ではなく移動術であり、直接的に相手へダメージを与えるものではありません。

 
剣心との戦いでも披露されていますが、圧倒的なスピードで相手を撹乱しつつ、一気に間合いを詰めて攻撃することが可能です。

 
余談ですが、宗次郎が縮地を行い、「天剣」という抜刀術に繋げることを「瞬天殺」といいます。

 
これは剣心の天翔龍閃よりも一撃の威力は劣りますが、縮地により異常な速さで剣を抜くため、相手に先読みされることがなく、技が決まれば一撃で相手を倒すことが可能です。

 
剣心は逆刃刀ですが、宗次郎をはじめ作中での剣客は真剣で勝負しており、いってしまえば先に相手の急所を斬った方が勝者になります。

 
そうなると技の威力よりも、"どちらが先に斬られるか"というのが勝敗に直結するため、スピードを生かした縮地で移動ができる宗次郎は、相当の実力者でしょう。

 
縮地であれば相手方も攻撃をあてることができないため、力関係はあるにせよ、作中では最強の技の一つといえます。

 
また、宗次郎の技とは異なりますが、実際に「縮地」という単語は古来より言い伝えられています。

 
中国晋代の「神仙伝」に登場する後漢の方士費長房の故事に由来している言葉であり、ここでは、

 
「土地自体を縮めることで距離を接近させる仙術」

 
という意味です。

 
ただ、現実的に土地を縮めることは不可能であるため、言い伝えの範疇になります。

瀬田宗次郎の縮地の速度はどれくらい?

では、るろうに剣心に登場する瀬田宗次郎の縮地はどれくらい速いのでしょうか。

 
京都編では実際に剣心と戦いましたが、剣心でも縮地そのものには太刀打ちできませんでした。

 
これについては志々雄真実も、

 
「天剣」「感情欠落」「縮地」の三つが揃っている限りは剣心でも宗次郎は倒せない

 
と断言しています。

 
理由は、宗次郎の「感情欠落」により、飛天御剣流の「先読み」が通じないためとされていました。

 
しかし、剣心との戦いで宗次郎次第に感情を露わにしたことで結果的に「感情欠落」が消え失せ、縮地でもスピードが互角となり、最後は技に威力で剣心が上回ったというわけです。

 
ただ、スピードが互角といってもそれは技を繰り出す速さが同じという意味であり、移動の速さという面では明らかに宗次郎に部がありました。

 
移動における速さであれば、作中でも最強クラスの志々雄真実も「目にも写らねェ、速さ」と話しており、最も優れていると考えて良いでしょう。

 
この"目に写らない速さ"は、作中では宗次郎の動きは見えていないけど、音だけは聞こえるという状況でした。

 
単純に音速で考えると、一般的には「340m/s」といわれています。(細かい部分は湿度などで変動します)

 
これは1秒あたり340m進むということであり、ジェット機などの速さに使用する際の「マッハ」となります。

 
陸上競技で有名なウサイン・ボルトの34倍の速さです。

 
当たり前ですが、宗次郎は余裕で世界最速のスピードを持っています。

 
時速で換算すると、1223km/h(=1マッハ)となります。

 
ここまで宗次郎に足の筋肉が持続できるかは定かではないですが、1時間に1,000km以上を走ることが可能であり、あの畳の部屋でこのスピードで走られたら見えないのは明らかですね・・・。

瀬田宗次郎の縮地を破れる3人は誰かを考察

最後に、作中で瀬田宗次郎の縮地を破れる3人について考察していきます。

 
なぜ「3人」かというと、北海道編で宗次郎が登場した際、永倉新八と下記の会話を交わしています。

 

永倉新八「成程、速い!参ったね、こりゃ」

宗次郎「・・・僕三人程知ってます。僕の縮地を破れる人、実際に破った人、差し違えても破りそうな人」

 
宗次郎のセリフから、

 
・僕の縮地を破れる人
・実際に破った人
・差し違えても破りそうな人

 
この3人が宗次郎の縮地を見破れる人ということになります。

 
では、それぞれ誰なのを確認していきます。

 
誰に該当するかまでは北海道編で明らかにされていませんが、過去の話を読んでいければ明らかでしょう。

志々雄真実

「僕の縮地を破れる人」は志々雄真実で間違いありません。

 
宗次郎はそもそも、志々雄真実により剣客として鍛えられた経緯があります。

 
過去の連載でも志々雄自身が縮地の超神速を見極める事は可能といっていることからも、これは間違いないでしょう。

 
十本刀に関しては「弱肉強食」をうたう志々雄の配下にあるため、基本は志々雄より弱いということになります。

緋村剣心

「実際に破った人」は緋村剣心で間違いないでしょう。

 
これは2人の2回目の対戦の時に剣心が宗次郎を倒しており、明らかにですね。

 
宗次郎は剣心と戦うまでは志々雄以外には負けていないため、縮地を破られてはいないはずです。

 
ただ、最後は剣心の不殺の戦いにより宗次郎自身の感情が乱れたことで動きが「先読み」されてしまい、敗北を喫しました。

 
そう考えると剣心以外の剣客では"不殺"の感情がないため、見破ることができないのもまた事実です。

 
しかしながら、北海道編では年齢が、

 
●剣心
30歳(京都編)→35歳(北海道編)

●宗次郎
16歳(京都編)→21歳(北海道編)

 
であり、宗次郎の肉体が進化しているのに対し、剣心は蓄積疲労で体力は衰えています。

 
北海道編で戦うとなった場合、もしかしたら「宗次郎〉剣心」という可能性もゼロではありません。

斎藤一

では、「差し違えても破りそうな人」とは、個人的には斎藤一からと思います。

 
ポイントは"差し違えても"という部分ですね。

 
作中で差し違えをしながらもきちんと攻撃ができそうなキャラクターがいませんが、唯一、牙突ゼロ式であれば対応ができそうです。

 
さらには宗次郎は実際に斎藤一と対面をしており、少なからず実力がある雰囲気は感じてとってはいると思います。

 
また、斎藤は剣客としてはもちろんですが、総合的な戦闘能力という面でも優れており、剣術以外の側面で宗次郎に大きく優っていることもあると思います。

まとめ

今回は、

 
●【るろうに剣心】瀬田宗次郎の縮地とは?
 
●瀬田宗次郎の縮地の速度はどれくらい?
 
●瀬田宗次郎の縮地を破れる3人は誰かを考察

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう