『シャーマンキング』の麻倉葉とアンナの死亡について、ネタバレで解説します。葉とアンナは生きているのでしょうか?

【シャーマンキング】葉とアンナは死亡する?

『シャーマンキング』の麻倉葉とアンナの死亡をネタバレで解説します。

結論から説明すると、『シャーマンキング』の葉とアンナは最終的に死亡します。

葉とアンナの死亡時期

まずは葉とアンナの死亡時期について整理します。『シャーマンキング』は1998年の初回連載から現在まで3つの連載が行われているため、時系列をまとめました。

タイトルシャーマンキングシャーマンキングFLOWERSSHAMAN KING THE SUPER STAR
連載時期1998年〜2004年2012年〜2014年2018年〜現在
主な内容麻倉葉がシャーマンキングを目指す葉の息子・麻倉花が主人公の物語麻倉花の新ストーリーがスタート
麻倉葉生きているが、地獄に落ちる死亡登場なし
アンナ生きている死亡登場なし

葉とアンナは最初の連載である『シャーマンキング』では生きていますが、その続編にあたる『シャーマンキング FLOWERS』で死亡します。

死亡した原因は後述しますが、『シャーマンキング FLOWERS』で葉とアンナが死亡したことで、彼らの息子である花のストーリーが展開していきます。

『シャーマンキング』で葉は地獄に落ちる

1998年から2004年に連載した『シャーマンキング』で、葉は死亡はしないものの、一度だけ地獄に落ちています。

地獄に落ちたのは、26巻掲載の第二百三十廻「兄の鼻」から28巻掲載の第二百四十六廻「甦れ」の期間です。

葉はガンダーラから強くなるためにあえて殺され、強制的に地獄に行かされました。これはシャーマンが強くなるための修行の一環であり、ハオを倒すために絶対に必要なことでした。

地獄に落ちて能力をあげるという手法は、『シャーマンキング』での最強の敵、ハオが実践していたことでもありました。

葉は地獄で子孫の麻倉葉賢と戦い、さらに実力をあげていきます。持霊になる五大精霊「スピリット・オブ・アース」も地獄に落とされたことで、手に入れたといっても過言ではありません。

余談ですが、『シャーマンキング』では葉以外にも、道蓮、碓氷ホロケウ、リゼルグ・ダイゼル、チョコラブ・マクダネルがガンダーラの手により地獄に落とされ、修行を重ねました。

このように葉は『シャーマンキング』では、生き返ることを前提に殺害され、地獄に落ちたというエピソードがあります。

【シャーマンキング】葉とアンナの死亡をネタバレ

『シャーマンキング』でかなり力をつけた葉とアンナでしたが、続編の『シャーマンキング FLOWERS』で死亡します。

『シャーマンキング FLOWERS』はシャーマンファイト後の話が描かれていて、中学生だった葉やアンナは大人になっています。さらに、2人の間には麻倉花という子供もできていました。

物語序盤で主要キャラクターの葉とアンナが死亡したことで、2人の息子の麻倉花が主人公となり、話が展開していきます。

葉とアンナが死亡した原因

『シャーマンキング』で最強クラスであった葉とアンナは、なぜ死んでしまったのでしょうか。

『シャーマンキング』のシャーマンファイトが終わった後、葉とアンナはより親密な関係となり、息子である花が誕生します。

3人は日本を飛び出し、世界中を巡っていました。しかし、現地の銃撃戦に巻き込まれたことで、3人ともに死亡してしまいます。

この時の花はまだ赤ちゃんであるため、非常に悲劇的なストーリーでした。

花だけ生き返る

死亡した3人でしたが、最終的に麻倉花だけは生き返ります。

アンナは死亡した直後、グレートスピリッツ内のコミューンでハオを対面します。

ハオはこの時はシャーマンキングであり、強さや能力が群を抜いているだけでなく、神のような存在として君臨していました。

さらに、ハオは「葉の双子の兄」、「花の伯父」とかなり関係性が深い存在でもありました。

アンナもハオも前作『シャーマンキング』からの旧知の仲です。

そこでアンナはハオに対し、「花を生き返らせてほしい」といつものように脅すような形で依頼をし、最終的に花だけ生き返りました。

アンナの命令口調はハオに対しても変わることはなく、母親の意地が表現されていたと思います。

『シャーマンキング FLOWERS』の続編になる『SHAMAN KING THE SUPER STAR』でも麻倉花は主要キャラクターとて登場しています。(主人公は3代目イタコのアンナ、アルミ・ニウムバーチ)

葉とアンナの死亡は必要?

一方で、『シャーマンキング』からの読者は、古くからの主要キャラクターである葉とアンナが死亡したことに驚いたでしょう。

『シャーマンキング FLOWERS』は、タイトルに「FLOWER」という単語がついているように、最初から麻倉花を主人公にした物語でした。

しかし、ここまで物語を牽引した葉とアンナをあっけなく死亡させる理由はあったのでしょうか。

葉とアンナの死亡シーンは明確に描かれておらず、誰に殺されたのかすらわかりません。

唯一の手がかりは、葉の前に立ち塞がった戦闘機ですが、詳細も描かれておらず、全てが謎のままです。

読者からすれば、葉とアンナの物語も期待していたと思うので、あえて死亡させなくても良いという意見もありました。

花を物語の主役にした

葉とアンナが死んでしまった理由は、花を主人公として確立させるためかもしれません。

物語上では葉とアンナを死亡させるのは不自然なものの、花を主人公として描くため、編集的な観点で死亡させたというわけです。

葉から花へし主人公のバトンを引き継がせるために、あえて葉を登場させないことを選んだのでしょう。

【シャーマンキング】葉とアンナは生き返る?

死亡した葉とアンナですが、物語に登場する可能性は十分に考えられます。

『シャーマンキング』では、霊として多くのキャラクターが登場しています。

阿弥陀丸や蜥蜴郎といった1300年代に存在した侍が、霊として存在しているため、葉やアンナが同じように登場する可能性はあるでしょう。

『シャーマンキング』ではファウストⅧ世が死亡した後に霊として登場しています。

これはあくまでも推測に過ぎないですが、葉が霊として登場すればかなり物語も盛り上がるに違いありません。

まとめ

今回は、

●【シャーマンキング】葉とアンナは死亡する?

●【シャーマンキング】葉とアンナの死亡をネタバレ

●【シャーマンキング】葉とアンナは生き返る?

これらについてまとめました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう