漫画「SLAM DUNK(スラムダンク)」で高校生No.1プレイヤーとして描かれている、沢北栄治。

 
山王工業のエースであるだけでなく、高校2年生の夏が終わった段階でアメリカ留学を果たしています。

 
沢北は順調に成長を果たせばNBAで通用するのでしょうか。

 
他にも、アメリカへの遠征を機に身につけた「へなちょこシュート」の名前と由来についても気になりますね。

 
今回は、漫画「SLAM DUNK(スラムダンク)」の沢北栄治がNBAで通用するかどうか、深掘りをしていきます。

スラムダンクの沢北栄治の実力は?

まずは、スラムダンクの沢北栄治の実力について整理したいと思います。

 
沢北は高校生No.1プレイヤーであり、高校バスケット界の王者・山王工業のエースです。

 
身体能力、オフェンス・ディフェンス能力、バスケIQ、全てにおいて超一流の選手です。

 
得点能力に関しては説明するまでもなく、作中での1対1の能力はズバ抜けています。

 
山王工業の堂本監督も、

 

1on1の技術でこの沢北にかなう者はいない
高校生・・・いや、大学にもいるかどうか

 
と解説しています。

 
堂本は自校の選手だから特別贔屓にしているのではないでしょう。

 
自軍には深津一成、河田雅史というプレイヤーもいましたが、それでも沢北の名前をあげています。

 
深津と河田の両選手についても、山王工業の「エース」として実力を認めており、得点能力は誰よりも高いです。

 
その証拠に湘北戦の最後の攻撃は、深津を起点にして河田が沢北にスクリーンをかけ、沢北のジャンプショットでゴールを奪っています。

 
ディフェンス能力については流川に何回か抜かれているシーンがありますが、バスケットボールでは圧倒的にオフェンスが有利であるため、後半で数回抜かれたくらいで「沢北 〈 流川」となるのは早計でしょう。

 
むしろ、綾南の仙道彰など果敢に1対1に挑む流川が一瞬で「スキがない」と考えるディフェンスは、その時点で全国トップクラスであることを物語っています。

 
弱点として、試合では集中力に掛ける部分があるとありましたが、それは本気になれる校外の対戦相手がいないことが原因です。

 
本気を出した時の1対1や得点を奪う能力は作中最強といって間違いありません。

 
一部では「パスができない」という指摘もありますが、それはパスが下手なのではなく、沢北は1対1で勝ててしまうため「パスをする必要性がない」のです。

 
あれだけ1対1に優れた選手であれば当然、スペースを見つけてパスを出せる能力は備わっており、パスが弱点というのはありないでしょう。

スラムダンクの沢北栄治はNBAで通用する?

では、スラムダンクで攻守ともに最強クラスの沢北栄治はNBAで通用するのでしょう。

 
沢北は高校2年の夏が終わった段階でアメリカ留学を決めており、その後のキャリアはアメリカの大学を入学→卒業orアーリーエントリー→NBAドラフト、と考えるのが通常でしょう。

 
それでは沢北がNBAで通用するのか、各項目ごとに深掘りをしていきます。

メンタルの強さは?

メンタル面は作中では数少ない弱点として描かれていました。

 
湘北戦でも序盤で流川に雑談をしてパスを受け取らないなど、堂本監督も「精神的にムラがある」と話しています。

 
沢北が「精神的にムラがある」理由は、練習では深津や河田といった好プレイヤーがいる一方、試合では自分よりレベルの低いプレイヤーを相手にしていたため、心から本気になれないということが原因でした。

 
一方で、沢北は自分より強い選手に果敢に挑む強いメンタルを持ち合わせています。

 
父・晢夫が「チャレンジこそ、奴の人生なんです」と語っており、強者に果敢に挑んでいくことに生きがいを感じるタイプです。

 
日本ではトップクラスの能力をもつ沢北ですが、遠征で負かされたことから、アメリカの高校生の中では下から数えた方が早いでしょう。

 
しかしながら、それを承知でアメリカへ向かう沢北は非常にメンタルが強いタイプであり、アメリカ向きともいえるかもしれません。

 
同じくスラムダンクでアメリカに挑戦した安西の教え子、谷沢龍二は闇雲にアメリカに向かい「こんなはずでは・・・」と落胆して失敗してしまいました。

 
ただ、沢北に関しては"アメリカにいけば自分は下手な部類だから、より挑戦しがいがある"と覚悟を持って向かっており、成長の余地は非常にあると考えられます。

 
実際に「へなちょこシュート」を身につけるなど、環境に順応して自身の技術を高めていけそうな選手です。

バスケ技術は通用する?

では、沢北のバスケ技術はアメリカで通用するのでしょうか。

 
個人的には、

 
高校、大学では一定のレベルで通用するけど、NBAドラフトにかかるかは本人次第

 
だと思います。

 
作中では沢北は高校2年生であり、まだまだ成長の余地が残されています。

 
さらにいえば、大学入学後も1年ごとに成長する可能性を秘めており、技術面では年々高まっていくことでしょう。

 
身体能力と技術は日本でもトップクラスであり、しっかりとチームを選べばアメリカの高校・大学で試合に出れないことはないと思います。

 
また、アメリカの大学バスケ(NCAA)はセミプロの位置付け(※)であり、その世界で揉まれることで急激にレベルが上昇することもあります。

 
1年間で大きくレベルアップができる時期でもあり、沢北の身体能力と吸収力であれば通用する余地は残されています。

 
(※NBAはサッカーと違いユースシステムがなく、事実上、NCAAがその役目を果たしていると考えています)

 
2019年のNBAドラフト一巡目でワシントン・ウィザーズより指名を受けた(全体9位)の八村塁選手も大学1年時はチームのシステムを覚えることに精一杯であり、スタメン出場は1試合もありませんでした。

 
(そもそも八村選手の場合はNCAAⅠ部ランキング1位の大学ということもありますが・・・)

 
しかし、2年時の2017年シーズンは平均得点11.6点・4.7リバウンド、3年時2018年シーズンでは出場した全試合をスタメン起用され、平均19.7得点・6.5リバウンドと大きく数字を上昇させてドラフト指名されています。

 
そう考えると、沢北も高校でアメリカバスケにもまれ、大学で大化けする可能性もゼロではありません。

 
NBAドラフトにかからなくとも、渡邊雄太選手のようにサマーリーグから這い上がっていくことも十分に考えられます。

身長がどこまで伸びるか?

個人的には、実力面よりも身長が非常に重要だと思います。

 
作中での沢北の身長は188cm。

 
一般的には大きい部類に入りますが、NBAでの平均身長は2016-17シーズン時点で、

 
ポイントガード(PG) : 191cm

シューティングガード(SG) : 201cm

スモールフォワード(SF) : 203cm

パワーフォワード(PF) : 208cm

センター(C) : 211cm

 
このようになっています。

 
沢北のポジションはシューティングガード(SG)であるため、作中の188cmでは非常に小さいです。

 
前述の八村選手はパワーフォワード(PF)で203cm、もう1人のNBAプレイヤーの渡邊雄太選手はスモールフォワード(SF)で206cmです。

 
身長はNBAでは非常に重要であり、高さがあるとそのミスマッチをつかれて得点を奪われるだけでなく、自分の攻撃もブロックショットなどで封じられてしまいます。

 
SGは各チームで最も得点能力が高い選手が務める傾向が高く、必然的にディフェンス能力も求められていきます。

 
一般的に身長が低いと体格差からディフェンスではファールをしてとめるシーンが増えてしまう傾向が高く、ヘッドコーチとしても起用しにくくなると思います。

 
沢北が高校と大学で190cm後半まで伸びると可能性はあるかもしれませんが、このまま188cmでとまってしまうと、NBAで通用することは非常に難しいでしょう。

沢北栄治はNBAで通用する?

以上から、沢北がNBAで通用するかは「身長がどこまで伸びるか」がキーになると思います。

 
技術面では高校生No.1プレイヤーのため申し分なく、彼の向上心からも熱心に練習に取り組んでいくことでしょう。

 
技術は高校→大学で大化けする可能性を秘めていますが、テクニックを存分に生かすためのフィジカルがないとNBAでは通用しないため、2mに近い高さはほしいですね。

スラムダンクの沢北栄治のへなちょこシュートの名前と由来は?

沢北はアメリカで得点を決めるため、レイアップの際にブロックのはるか上にボールを投げてゴールを決める方法を編み出しています。

 
桜木花道が「へなちょこシュート」といっていましたが、正確には「スクープショット」というものです。

スクープショットとは?
小柄な選手が長身選手のブロックショットを避けるために用いられるテクニック。

具体的にはリングから離れた位置から放つレイアップシュート、大きく弧を描くレイアップシュートで

漫画SLAM DUNKで山王高校の沢北が放つ通称へなちょこシュートがまさにそれである。

打つだけなら誰でも出来るが、これを実戦で決めるとなるとかなりの技術を要する。

別名プロレイアップ、ハイループプレイアップ。
(dic.nicovideo.jp)

 
一部では、ティアドロップシュート(=フローターシュート)とも表現されていますが、ティアドロップシュートは完全に下手投げではなくフックシュートとレイアップのシュートの中間に位置しています。

 
作中では沢北は完全に下からのレイアップのボールを高くあげてゴールを決めており、スクープショットと表現して良いでしょう。

まとめ

今回は、

 
●スラムダンクの沢北栄治の実力は?
 
●スラムダンクの沢北栄治はNBAで通用する?
 
●スラムダンクの沢北栄治のへなちょこシュートの名前と由来は?

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう