大人気漫画・アニメ「ちびまる子ちゃん」に登場する花輪和彦くん。

 
格好よし、成績よし、性格よしの三拍子揃った好青年であり、非常にお金持ちの家計です。

 
花輪家の財力は「普通のお金持ち」ではなく、日本でも上位数パーセントに入るる富裕層といって良いでしょう。

 
一体、花輪くんの両親はどんなお仕事をされているのでしょうか。

 
なぜお金持ちかの理由について知りたいですね。

 
今回は、ちびまる子ちゃんに登場する花輪くんの両親仕事について深掘りをしていきます。

ちびまる子ちゃんの花輪くんとは?

経歴・プロフィール

まず、ちびまる子ちゃんに登場する花輪くんについて解説していきます。

 
花輪くんはまる子と同じ3年4組のクラスメイトです。

 
コミックスでも1巻から登場するなど作中では一貫して主要キャラクターであり、アニメでも同様に存在です。

 
●花輪くんのプロフィール
・本名:花輪和彦(はなわ かずひこ)
・性別:男
・生誕:1965年8月7日(獅子座)
・身長:不明
・体重:不明
・血液:B型
・好きな食べ物:寿司、イタリアン、海老のコキール
・宝物:スイスの高級時計、海外からの両親の手紙

 
花輪くんは両親が外国に住んでいることもあり、挨拶も外人っぽく「ヘェーイ」や「ベイビー」を使います。

 
独特の雰囲気を持っておりクラスの中でも良い意味で浮いている感じです。

 
非常にお金持ちですが、性格は平和主義で嫌味なところがなく、紳士的で誰にでも平等に接しています。

 
上記の点から女子からの人気も高く、キザなキャラクターも非常にマッチしているのです。

 
成績もオール5であり、学力・運動神経共に超が付く優秀な生徒です。

 
唯一の弱点は字が下手なことであり、過去には習字を使用人に書いてもらい銀賞をとったという花輪くんらしくないエピソードもあります。

モデル・元ネタは誰?

花輪くんの名前「花輪和彦」という名前は、花輪和一さんという漫画家の名前だそうです。

 
実在する人物の名前を拝借していたのですね。

 
また、お金持ちの設定については、原作者のさくらももこさんの友人・加藤さんをモデルにしたそうです。

 
加藤さんは女性の友人であり、さくらさんのエッセイでも登場しています。

 
病院を経営をしているそうで、お金にも余裕があった方なのでしょう。

花輪くんの両親の仕事は?

花輪くんの両親の仕事については、下記の2つの説があります。

 
【説①】
・父親:貿易関係の会社を経営
・母親:国際的ピアニスト

 
【説②】
・父:パリ・ロンドン・ミラノ・ニューヨークに店を持つ経営者
・母親:デザイナー

 
ただ、wikipediaには下記のような記載があり、【説②】が正しいと思われます。

 

花輪くんの父

本名不明。富豪で、普段海外に滞在している。

パリ、ロンドン、ミラノ、ニューヨークに店を持っている。

6月に結婚したらしい。

活きオマール海老のフリカッセソテーヌ酒風味が一番好きらしい。

 

花輪くんの母

本名不明。29歳と若く、スレンダーな体型をしている。

まる子いわく「女優さんみたいに美人」。

デザイナーの仕事をしており、父と共に海外に滞在していることが多い。

 
花輪くんの父親が"パリ、ロンドン、ミラノ、ニューヨークに店を持っている"とは、どんな店はまだは定かではありません。

 
しかし、世界的な大都市にお店を展開するのはライバルが非常に多いエリアであることから、通常の資金力ではまず無理でしょう。

 
一定のコネクションも必要になると思いますので、並みの経営者ではないことは確かですね・・・。

 
両親ともに仕事で海外にいる機会が多く、静岡の自宅で花輪くんと会う機会は限られているようです。

 
花輪くんはヒデじいが育ての親であり、かなり信頼している様子も描かれていますね。

 
また、花輪くんの祖父も祖父は弁護士兼大地主という、当時の日本では最もお金が入るであろう職業についており、生活水準は非常に高かったと思います。

 
ヒデじいは祖父の時代から花輪家に仕えていたようで、当時から使用人を雇えるほどの財力があったのです。

 
また、花輪くんの自宅があそこまで大きいのは、祖父が地主であるため、購入ではなく先祖代々の土地であることが予想されます。

花輪くんがお金持ち過ぎる

花輪くんは登場人物の中では、一番のお金持ちといって過言ではないでしょう。

 
自宅の広さや習い事、使用人など、お金持ちの要素が多数描かれていますね。

自宅が大きすぎる

花輪くんがお金持ちなのは、自宅をみればすぐにわかります(↓)

2〜3階建であり、土地の大きさも半端ありません。

 
静岡県とはいえ、1960年代でこの大きさであるため、相当費用がかかっていると思います。

 
自宅の内装はこちら(↓)

 
トレイはこちら(↓)

 

 
部屋もトイレも物凄く大きいですね。

 
まる子が「まる子とお姉ちゃんの部屋なんで、このトイレくらいの広さだよ」といっています。

 
まる子とお姉ちゃんの部屋は学習デスクが2つ入り、2人がゴロゴロしても十分な広さがあり「9畳」(16.41㎡)といわれています。

 
16.41㎡は、都内のマンション・アパートの1Kや1Rで賃貸が出ているほどの大きさであり、トイレだけでどんだけ広いのだと突っ込みたくなります。

 
花輪家はトイレだけでその広さですから、リビングや寝室などを合わせると異常な広さであることが推測できますね。

習い事が多すぎる

花輪くんの自宅だけでも大金持ちであることがわかりますが、習い事も種類も富裕層特有の内容になっています。

 
花輪くんの学校後の習い事は、

 
・月:ヴァイオリン
・火:ピアノ
・水:フランス語
・木:インド哲学
・金:お茶、お花
・土:英会話

 
と、びっちりとスケジュールが定まっているのです。

 
どれも育ちの良さを感じるものですが、同時にどれもがお金がかかります。

 
仮にワンレッスンが5,000円だとしても、習い事だけ週35,000円、月140,000円となります。

 
この段階で普通のサラリーマンの家計簿では大赤字になりますよね。

専属の使用人が送迎

 
最後は、使用人ヒデじいの存在でしょう。

 
ヒデじいは当初親戚のおじさんかと思っていましたが、専属で雇われた使用人のようです。

 
毎日学校へ送迎するだけなく、両親代わりとして花輪くんのお世話をしています。

 
花輪くんが先ほどの述べた通り、両親が仕事で多忙を極めており、ヒデじいと過ごす時間が最も長く、父のように慕っています。

 
送迎車がロール・スロイスであり、数千万はする車です。

花輪くんはなぜお金持ち?

最後に、改めて「花輪くんはなぜお金持ち?」という点について記載します。

 
1つ目は祖父が弁護士・地主というハイスペックな存在であり、先祖代々お金持ちだったことあげられます。

 
特に自宅の広さは尋常ではなく、もしかしたら、あの辺り一帯の土地を保有しており、賃貸業も行なっている可能性があります。

 
さらに、父親がパリやロンドンなど世界的な都市で出店をしている経営者です。

 
つまり、英語でのコミュニケーションには何不自由なく生活していることから、祖父が外国へ留学させていたことがわかります。

 
両親の職業でも非常に給料が高いですが、そもそもお金持ちの家系であり、父親も当然のように海外でお店を出店したのかもしれません。

 
花輪くんもお金持ちですが、びっくりするほどのお坊ちゃんで育ちがよいため、人に対して見下すような態度はありません。

 
本当の富裕層の姿そのものであり、父親もそのよう状況で育っていたと推測できます。

 
使用人のひでジイも祖父の代から活躍をされており、花輪くんの祖父は戦後の日本を一気に復興させた優秀な弁護士・地主だったのでしょう。

 
他にも、花輪くんがお金持ちにも関わらず、公立小学校に通っている理由も気になりますね(↓)

まとめ

今回は、

 
●ちびまる子ちゃんの花輪くんとは?
 
●花輪くんがお金持ち過ぎる
 
●花輪くんの両親の仕事は?
 
●花輪くんはなぜお金持ち?

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう