天気の子の犯罪の一覧まとめ!帆高や須賀が犯した罪の種類についてネタバレ

2019年7月19日に公開された映画「天気の子」。

帆高と陽菜の恋愛をメインに描かれており、非常に面白く感動的なストーリーでした。

しかし!

物語では数々の犯罪行為が行われており、途中から「これは大丈夫なのか」と心配になる人もいたのではないでしょうか。

実際、須賀圭介は手錠をかけられていましたね・・・。

今回は、映画「天気の子」にでてくる犯罪について深掘りをしていきます。

映画「天気の子」犯罪の一覧まとめ

映画「天気の子」では、びっくりするほど犯罪が多いです。

新海誠監督の前作「君の名は。」では、三葉(中身は瀧)とてっしーが糸守の無人発電所を爆発させており、それでもヒヤヒヤしてしまいましたが、今作ではそれを遥かに凌ぐ内容になっています。

むしろ、物語終盤に一気に犯罪がオンパレードでした。

ただ、内容は嫌疑としての記載に止まっており、結果的には帆高は高校1年生であること、非行性が薄いと判断され、保護観察処分となっています。

須賀に関しては逮捕されてしまいましたが、事務所も大きくなっており何もなかったのでしょう。(原作にも明確に記載なし)

帆高の非行性が薄いと判断されたことに伴い、重大性が低いと判断されたと思われます。

以下については原作をベースに記載しています。

銃刀法3条(けん銃所持の禁止への違反)

物語で銃を拾ったにもかかわらず、すぐに警察に届けなかったことで疑いをかけられました。

帆高はおもちゃと思っておりお守りのように持っていましたが、その後に発砲してしまいました・・・・。

拾った拳銃はすぐに届ければ罪になりませんが、追い込まれていたとはいえ、スカウトマン・キムラに向けて撃ったのはマズいです。

キムラもセリフや態度はムカつきますが、あの状況では陽菜(=従業員候補ないし面接者)を守る必要があるため、やりすぎとはいえ、やむ得ない部分があると思います。

帆高が主人公のため非常に補正がかかっていますが、キムラとすればアルバイト候補の女性が目の前でさらわれれば、相手の男性の身柄を確保しようとするのは当然かもしれません。

さらにいえば、ビル内でも警察に向けて銃を構えており、本人からすれば捨てたものを再び拾ったとはいえ、警察からすれば"廃墟ビルに隠していた"という認識でしょう。

刑法199条及び203条(殺人未遂罪)

上記でも記載しましたが、帆高はキムラに向けて銃を発砲しています。

しっかりと防犯カメラに映っているため、言い逃れができない状況でした。

刑法199条では殺人が規定されており、「人を殺した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する」とあります。

未遂の場合は203条の規定になりますが、こちらも当然刑罰の対象です。

ただ、上記の銃刀法3条と併せて、帆高は「銃をおもちゃだと思って」おり、故意に所持した訳ではないと認められました。

刑法95条(公務執行妨害)

帆高はいちどは警察に保護されたものの、刑務所からものの見事に抜け出しています。

他にも上記の通り、キムラに向けて拳銃を向けるなどしており、これは公務執行妨害の嫌疑がかけられていました。

公務執行妨害では、須賀圭介と凪も該当するでしょう。

特に須賀に関しては高井刑事を殴り、その後にがっつり手錠をかけられていましたが、お咎めなしだったのでしょう。

凪は安井刑事を突き飛ばしていますが、年齢的にも見送られたと思います。

鉄道営業法37条(許諾を受けないで新設軌道内への立入)

映画では帆高は、夏美のバイクからおりた後、フェンスをよじ登って線路の上を走っています。

RADWIMPSのBGMに少し騙されてしまいますが、あれも完全に違法行為です。

道路交通法22条(スピード違反)

これはバイクに乗った夏美ですね。

後ろに帆高を乗せたことは「警察に保護されているとは知りませんでした」といえば大丈夫そうですが、一般道で警察の猛追を振り切っており、法定速度の60キロは間違いなく超過しています。

原作や映画でキップを切られた描写はないですが、明らかにアウトでしょう。

スピード違反も一般道30キロ以上、高速道路40キロ以上の速度超過違反は「赤キップ」と呼ばれ、刑事責任が免除されない重大な違反です。

行政処分としての反則金と刑事処分として罰金が科せられ、前科として記録が残るようです。

夏美は何キロで走っていたのでしょうか・・・。

その他に疑いがかかる犯罪は?

他にも、疑問に思う点があり、

・警察から逃げた点は大丈夫なのか?
逃走の罪(単純逃走罪)に問われないのか。

・勝手に廃墟ビルに忍びんこんで大丈夫なのか?
住居不法侵入罪に問われないのか。

・須賀が月収3,000円で帆高を雇うのは労働時間を考えるとマズイのでは?

・年齢を偽って夜のバイト(風○?キャバクラ?)に飛び込む陽菜はマズイのでは?

と考えられます。

特に陽菜がキムラに連れられたバイト先はかなりヤバイそうですよね。

風○系かと思いましたが、おそらくビル外観からスナックないしキャバクラだと思います(↓)

映画「天気の子」犯罪に対する感想は?

以下は、映画「天気の子」の犯罪に関する感想です。

まとめ

今回は、

●映画「天気の子」の犯罪についてまとめてみました。

・銃刀法3条(けん銃所持の禁止への違反)
・刑法199条及び203条(殺人未遂罪)
・刑法95条(公務執行妨害)
・鉄道営業法37条(許諾を受けないで新設軌道内への立入)
・道路交通法22条(スピード違反)

これらについてまとめました。

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう