2019年7月19日に公開された映画「天気の子」。

 
物語序盤で帆高と夏美が取材する占い師が印象的ですね。

 
映画ではネタ要素あるシーンかなと思いきや、公開後に原作を読んでみると占い師の言葉はそのまま物語の伏線であることがわかあります。

 
天気の巫女の正体についても占い師の言葉がヒントになっていました。

 
今回は映画「天気の子」の占い師の言葉について、原作を手がかりにしながら深掘りしていきます。

映画「天気の子」占い師の言葉は伏線?

「天気の子」では物語の序盤で占い師が登場します。

 
帆高と夏美が「100%の晴れ女」について取材していた一人でした。

 
では、占い師は何を言っていたのか。

 
原作にきちんと掲載されており(映画の内容を覚えていない!)、以下、記載していきます。

晴れ女と雨女

帆高と夏美が「100%の晴れ女」に質問をした際、占い師は開合一番、「もちろん、晴れ女は実在します」と語っています。

 
続けて、「雨女も実在します」とも語っていました。

 
占い師によると、

 
・晴れ女:稲荷系の自然霊が憑いている
・雨女:龍神系の自然霊が憑いている

 
となります。

 
さらに細かく特徴を述べており、整理をすると下記になります。

 
●晴れ女:稲荷系
・勤勉
・ビジネスでも成功しやすい
・気が弱いところもある
・リーダーには不向き
・美男美女が多い

 
●雨女:龍神系
・飲み物をたくさん飲む
・気が強い
・勝負強い
・大雑把な性格
・適当な性格

 
映画でも原作でも夏美が「それって私かな」「それって私だ!」と言っていました。

 
ただ、晴れ女の特徴を考えると、ヒロインの陽菜にぴったりでこの段階で少し伏線がひかれています。

 
「天気の子」のエピソード関係なく、日本の古来から言い伝えられている自然霊には、

 
・龍神系
・稲荷系
・天狗系
・弁財天系

 
この4つが存在しています。

 
この4つの自然霊の中で、天気が関係しているものは龍神系と稲荷系であり、作中に登場する占い師は日本からの言い伝えにきちんと沿っていることがわかります。

 
ちなみに、一般的に

 
・天狗系・・・才能豊かでアイディアが豊富、逆境に強い
・弁財天系・・・努力家で頭がよく、気配りができる

 
といわれています。

神主の言葉と合致する

さらに、

 

「今は天の気のバランスが崩れているから、晴れ女や雨女が生まれやすいの。いわばガイアのホメオスタシスね」

 
と、語っています。

 
一見すると"何言ってんだ、この占い師は"と思いますが、実は物語後半に登場する神主の言葉に繋がっています。

 
神主とは、須賀と夏美で取材に向かった先の神社の神主で天井の絵について説明をしたあの人です。

 
神主と占い師の言葉を繋げると、

 
・天気とは自然発生ではなく、「天の気分」→占い師の言う「天の気」と合致

 
・天気の巫女の役割は「天気の治療」→占い師の言う「バランスが崩れている」とは治療が必要な状態

 
と繋がっていくのです。

 
物語の序盤から雨が続いていることはもちろん、空の魚が雨に紛れて降っていたり、水の塊が一気に降ってくるシーンがありましたよね。

 
あれはまさに占い師の言う「バランスが崩れている」状態そのものです。

 
そしてのその状態は天の治療する必要がある状態と言い換えることができ、人柱として天気の巫女(=陽菜)が必要になっているのです。

重い代償が伴う

占い師は最後に下記の言葉を語ります。

 

「自然を左右する行為には、必ず重い代償が伴います。お嬢さん、なにか分かる?」

天候の力はね、使いすぎると神隠しに遭ってしまうって言われているの!

ガイアと一体になってしまうのね。だから、晴れ女や雨女の借金率、自己破産者数、失踪数者は有意に高いのよ!」

 
上記の言葉の半ばに、"天候の力はね、使いすぎると神隠しに遭ってしまう"とあり、これはまさに陽菜の最後とぴったりです。

 
晴れ女のパワーを使いすぎてしまった陽菜は、どんどんと体が消えていっていき、最後は人柱となり消えてしまいます。

 
物語の序盤で鳥居をくぐった陽菜はその時点で空と一緒になっており、消えてしまうのは時間の問題だったと思われます。

 
ただ、陽菜は意図的に晴れのパワーを使いすぎており、予定よりも早く体が消えていったのでしょう。

 
占い師が「使いすぎると神隠し」といったのは、神隠しのようにあっという間にいなくなるということを強調していたのかもしれません。

 
帰社した帆高と夏美に対して、須賀が「やっぱそっち系だった?」とからかっていたので、完全にネタ要素満載のシーンかなと思いきや、きちんと晴れ女に対して解説をしていたのです。

声優は野沢雅子

少し余談になりますが、占い師の声優は野沢雅子さんです(↓)

 
野沢さんは大人気アニメ「ドラゴンボール」の孫悟空、孫悟飯、孫悟天の声優を担っていることで有名ですね。

 
野沢さんはまさか、ちょい役の占い師で参加されているとは予告されておらず、エンドクレジットで驚いた人も多数いっらしゃいました。

まとめ

今回は、

 
●【天気の子】占い師の言葉は伏線?天気の巫女や神主との関係についても考察

 
これらについてまとめました。

 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう