マーベルコミックのの人気ヒーロー、ブラックパンサー。

 
アフリカ系にルーツ持ち、ワカンダ王国の主でありながら、ブラックパンサーとしても活動をしています。

 
2018年には単独映画が公開されましたが、黒人ヒーローはマーベルの映画史では初の出来事でした。

 
世界的に非常に人気のヒーローですが、一体、マーベルヒーロー、とりわけアベンジャーズの中ではどれくらいの強さなのでしょうか。

 
今回は、ブラックパンサーの強さについて深掘りをしていきます。

ブラックパンサーの強さは?

ブラックパンサーの強さについて考察していきます。

 
ブラックパンサーはマーベルシリーズのヒーローですが、「マーベル」のくくりだと非常にキャラクターの範囲が広くなってしまうため、映画アベンジャーズのヴィラン役を含まないキャラクターの中で順位付けしたいと思います。

 
また、「強さ」の定義は人によりますが、ここでは「1対1で戦ったら、誰が最強かのか」をベースに考えていきます。

 
ブラックパンサーは単独映画内では明らかに最強ですが、実はアベンジャーズ全体のヒーローの中では飛び抜けて強いわけではありません。

 
個人的な主観でアベンジャーズヒーロの強さトップ10を記載してみました。

アベンジャーズ 強さ順位(完全主観!)
①ソー
②キャプテン・マーベル
③ドクター・ストレンジ
④スカーレット・ウィッチ
⑤ヴィジョン
⑥ハルク
⑦アイアンマン
⑧アントマン
⑨スパイダーマン
⑩キャプテン・アメリカ

 
スーツや能力はあくまでも映画最終章「アベンジャーズ・エンドゲーム」をベースにしています。

 
もちろん、様々な意見があると思いますが、個人的には下記になると思います。

 
ご覧になっていただくとわかりますが、ブラックパンサーはヒーロートップ10には入らないと考えています。

 
ブラックパンサーはキャプテン・アメリカの次、11番目の強さでしょう。

 
あくまでも主観ですが、その次に、ファルコンやウォーマシンが順位付けされています。

 
ブラックパンサーが11番目の理由は、

 
・体の強度は普通の人間がベース
・攻撃力が上位のヒーローと比較すると乏しい
・飛び道具がないため、空中戦では勝ち目がない

 
これらの理由によります。

 
体の強さについては生身の人間であるため、アイアンマン、スパイダーマン、アントマンとも変わらないですが、彼らほどスーツが優れているわけでもなさそうです。

 
また、何より空中戦ができないのは大きな弱点です。

 
キャプテン・アメリカも空中戦はできないですが、肉体そのものは普通の人間より強く、非常に戦闘技術に優れています。

 
さらには、盾をコントロールすることで一定の距離であれば飛び道具を保有している考え、順位を10位としました。

ブラックパンサーはマーベルでは弱い?

上記の観点から考えると、ブラックパンサーはヒーローとしては十分強いですが、アベンジャーズの中ではそこまで強くはありません。(という、主観の考えです)

 
しかし、これはあくまでもアベンジャーズの中での考察であり、一般人と比較すれば明らかに強いです。

 
身体能力も非常に高く、肉弾戦でもスピード溢れる攻撃を繰り出すことができます。

 
マーベルヒーローの中では弱い部類に入ってしまうブラックパンサーですが、彼にはワカンダを率いている統率力や人望を兼ね備えています。

 
これは他のヒーローにはない、ブラックパンサーならではの武器ともいえるでしょう。

 
強さだけであれば、キャプテン・マーベル、ハルク、スカーレット・ウィッチが優れていますが、彼らには人を束ねて統率する力まではありません。

 
映画「アベンジャーズ・エンドゲーム」でも描写がありましたが、ワカンダに住む人たちの強さは非常に高く、団結心も非常にあります。

 
何より、希少鉱石ヴィブラニウムの生産国であるため、戦闘機やスーツや武器などの装備も普通の技術では追いつくことができないレベルを誇っています。

 
このように考えると、ブラックパンサー個人での強さは高くないですが、精神的な面や周囲への影響力という面も含めると非常に頼もしい存在です。

 
一国を率いていることもあり、知能にも優れており、力強さ以外の能力も高いバランス感覚に優れています。

 
人望が高いため、1対1ではなく周囲を巻き込んだ総力戦であれば、間違いなく上位に入るでしょう。

ブラックパンサーのスーツの能力や仕組みは?

最後にブラックパンサーのスーツについて記載していきます。

 
ブラックパンサーが戦うにはスーツは必要不可欠です。

 
このスーツは先ほども記載した通り、ワカンダが原産の鉱石「ヴィブラニウム」を使用しています。

 
ヴィブラニウムの強度により、衝撃の吸収するだけでなく、銃弾も弾き飛ばします。

 
機関銃でも貫けないため、普通の人間ではまず勝てません。

 
ブラックパンサーの武器である爪にも同様にヴィブラニウムは使用されており、映画内では無敵の強さを持つキャプテン・アメリカの盾に大きな傷をつけていました。

 
仕組みについては細かい描写こそありませんでしたが、ヴィブラニウムより強度抜群の装備であることは間違いありません。

まとめ

今回は、

 
●ブラックパンサーの強さは?
 
→マーベルの中では11番目。1対1では他のヒーローが強すぎる!

 
 
●ラックパンサーはマーベルでは弱い?
 
→1対1では弱い部類だが、人望や知能、統率力に優れており、バランスがとれた貴重なヒーロー

 
 
●ブラックパンサーのスーツの能力や仕組みは?
 
→ワカンダが原産のヴィブラニウムを使用中。機関銃でも綱抜けない強度を持つ

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう