2012年5月25日に公開された映画「メン・イン・ブラック3」。

 
作中で登場するグリフィンはかなり特殊なエイリアンですが、物語の鍵を握る重要な存在です。

 
一体、どんな人が日本語吹き替えを務めているのか、気になりますね。

 
今回は、映画「メン・イン・ブラック3」でのグリフィンが日本語吹き替えを担当された声優ついて深掘りしていきます。

映画「メン・イン・ブラック3」登場するグリフィンとは?

映画「メン・イン・ブラック3」登場するグリフィンについて説明します。

 
グリフィンとは「アークネット」という惑星にバリアを張ることができるアイテムを開発・保有しているエイリアンです。

 
アークネットで地球をバリアすることで、ボリスの宇宙からの援軍を凌ぐことができるため、物語のキーパーソンとしてあげられていました。

 
・ボリス:アークネットを奪い、地球を防波されるのを防ぎたい
・MIB(K・J):アークネットを使い、地球を防衛してボリスの援軍を防ぎたい

 
作中でグリフィンが追われているのは、上記のように利益相反の2者から追随を受けていたからです。

 
グリフィンは幸い、平和を好む温厚なエイリアンのため、MIB側に協力することを望みます。

 
祖国の惑星をボリスなどのボグロダイド人に殺された経緯があり、地球も同じ目に合わないようにと手を差し伸べるのです。

 
また、グリフィンの最大の特徴であり能力は「未来を読むことができる」ということです。

 
これは複数の可能性がある未来を見ることができるものであり、100%の未来を的中させる預言者とは異なります。

グリフィン役の俳優はマイケル・スタールバーグ

映画「メン・イン・ブラック3」でグリフィンを演じた俳優は、マイケル・スタールバーグです。

 

氏名マイケル・スタールバーグ
英語Michael Stuhlbarg
生年月日1968年7月5日
出生アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロングビーチ
職業俳優

 
マイケル・スタールバーグは2009年に初主演した、コーエン兄弟のコメディア映画「シリアスマン」で一躍注目をあびます。

 
この作品で下記のような賞にピックアップされるのです。

 
・サテライト賞主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)受賞
・ゴールデングローブ賞主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)ノミネート
・シカゴ映画批評家協会賞主演男優賞 ノミネート

 
コーエン兄弟の弟は「メン・イン・ブラック3」で脚本を担当しており、この作品でのつながりがあったからでしょう。

 
他にも、は2017年に下記3つの映画に出演し、3作品全てが第90回アカデミー賞の作品賞にノミネートされる珍しい記録の持ち主です。

 
・『シェイプ・オブ・ウォーター』
・『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
・『君の名前で僕を呼んで』

 
日本国内の認知度で有名な作品は、2016年に大ヒットしたアベンジャーズシリーズ「ドクター・ストレンジ」でしょう。

 
この作品では、主役のストレンジの同僚医師として出演をされていました。

 
過去の作品を振り返ると主演よりも脇役としての出演が多く、味のある演技が持ち味の俳優さんです。

映画「メン・イン・ブラック3」グリフィンの日本語吹き替えの声優は?

映画「メン・イン・ブラック3」グリフィンの日本語吹き替えの声優は、三ツ矢雄二さんです。

 
三ツ矢さんは子役時代を含めると50年以上のキャリアを誇る声優です。

 
代表作にはアニメ「タッチ」の上杉達也、アニメ「キテレツ大百科」のトンガリ、アニメ「アンパンマン」のカツドンマンなど、誰もが知っているキャラクターを担当されています。

 
洋画の日本語吹き替えでも活躍をされており、ネット上で数えられるだけで60作品以上に携われています。

 
マイケル・スタールバーグの吹き替えは初めてのようですが、実は「メン・イン・ブラック」シリーズの吹き替えは2度目の参戦です。

 
1度目は前作「メン・イン・ブラック2」であり、カメオ出演をしたマイケル・ジャクソンの吹き替えを担当。

 
現在も含めて長きに渡り声優として活躍をされており、テレビ朝日で2017年に放映された『人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP』では第24位に輝気きました。

映画「メン・イン・ブラック3」三ツ矢雄二の経歴プロフィールまとめ

映画「メン・イン・ブラック3」グリフィンの日本語吹き替えの声優、三ツ矢雄二さんの経歴プロフィールについてもっと詳しくみていきましょう。

プロフィールまとめ

三ツ矢さんのプロフィールは下記になります。

氏名三ツ矢 雄二
読み方みつや ゆうじ
生年月日1954年10月18日
血液型A型
出生愛知県豊橋市
身長158cm
最終学歴明治大学文学部
職業声優
事務所コンビネーション

 
三ツ矢さんのキャリアのスタートは声優ではなく、子役です。

 
子役としてキャリをスタートさせ、近年に有村架純さんでリメイクされたドラマ「中学生日記」の前身、「中学生群像」に出演をされています。

 
高校卒業後も役者としてオーディションに応募はするものの、身長が158cmしかなく、合格の連絡が届かなくなります。

 
そこで歩み始めたのが声優でした。

 
大学卒業後から本格的に声優業をスタートさせており、以降は先ほどの通り有名作品に抜てきをされています。

 
アニメだけでなく、洋画吹替にも多数参戦しており、コツについては、

 

「洋画の吹替の場合は、まず海外の俳優さんがいて、その人が有名であればあるほど一般の方がイメージを持っているので、その俳優さんに即した演技や声を第一に考えながらやっています」

 
このように語っています。

 
プライベートでは、同じ声優の戸田恵子さんと仲が良いそうです。

 
戸田さんとは子役時代から顔見知りの中であり、作品でも「アンパンマン」でアンパンマンとカツドンマンという良い関係です。

 
戸田さんのブログにも度々登場してきており、一緒旅行にも行かれるほどのようです。

ディズニー映画に多数出演

三ツ矢さんはディスニー映画にも多数出演をされています。

 
作品と役柄については下記の通りです。

作品名役柄出演数
オリバー ニューヨークの子猫ものがたりチワワのティト(単作)
トイ・ストーリーレックス8作品全て
モンスターズインクレックス(単作)
ライオンキングティモン4作品全て
リロ・アンド・スティッチウエンディ・ブリークリー4作品全て

 
ディズニー作品の中でも、長期で担当されているのが、トイ・ストーリーのレックスです。

 
レックスは大柄で迫力のある緑の怪獣ですが、ちょっと天然のところがある可愛い存在です。

 
主人公ではないですが、作内でも人気があるため、短編アニメーションとして「レックスはお風呂の王様」という作品ができています。

 
三ツ矢さんはもちろん、その作品でも声優を務めています。

 
トイ・ストーリーは2019年にもシリーズ4の公開が決まっており、この作品でもどんな声で楽しませてくれるのか、期待したいですね。

アニメ「タッチ」で一躍スター

大ヒットした漫画・アニメの「タッチ」は、三ツ矢さんの代表作の一つでしょう。

 
タッチでは兄弟が主役ですが、弟はストーリー上、すぐに死んでしまうため、兄・上杉達也のオーディションを受けたようです。

 
プロデューサーが気を使ってくれ、オーディションは覆面形式で行われ、純粋に声だけで判断されたようです。

 
タッチは野球を題材にしたストーリーですが、三ツ矢さんは野球には全く詳しくなく、ルールやポジションも無知だったそうです。

 
子供時代はスポーツではなく、子役として活動をしており、野球観戦などをしておらず、これはしょうがないですよね。

 
野球番組への出演も一気に増えたようですが、役のイメージからか野球の質問や関わりを聞かれるため、現場での反応には少し困っていたようです。

アニメ「キテレツ大百科」のトンガリも担当

三ツ矢さんの経歴を振り返ると、とにかくプロ精神が光る人です。

 
アニメ「キテレツ大百科」ではトンガリ役を担当されていますが、「脇役だけどインパクトの強いキャラクターにすれば出番が増えるかも」と思ったそうです。

 
そこで独特の言い回しや声質などをトンガリに吹き込み、その通りに出番を増やしていきました。

 
監督から当初、「無理をしないで」といわれたそうですが、結果的にトンガリは作品のレギュラーとなり、多くの人から愛されるキャラクターになりました。

 
その人気っぷりは、喉を痛めて入院した際、消灯時間後に看護師数人から、「トンガリの声を出してほしい」と依頼されたこともあったほどです。

 
依頼された三ツ矢さんは、深夜にも関わらず、声を披露されたそうです。

 
三ツ矢さんクラスは個室だと思いますが、それでも喉を痛めている時に披露するとは、凄いサービス精神ですよね。

まとめ

今回は、

 
●映画「メン・イン・ブラック3」登場するグリフィンとは?
 
●映画「メン・イン・ブラック3」グリフィンの日本語吹き替えの声優は?
 
●映画「メン・イン・ブラック3」三ツ矢雄二の経歴プロフィールまとめ

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう