2019年5月24日に公開される映画「空母いぶき」

 
作中で垂水総理大臣を演じた佐藤浩市さんが、公開前インタビューの内容で批判を受けて炎上しています。

 
ネットでは百田尚樹さん、見城透さんら著名人が批判をしており、追随して多くの人が意見を出し合い、ピーク時Twitterのトレンドランキング1位になるまでになっています。

 
佐藤さんの発言が安倍首相を批判しているとされており、政治思想そのものも気になりますね。

 
今回は佐藤さんの政治思想について深りしていきます。

【空母いぶき】佐藤浩市の炎上まとめ

佐藤浩市さんが出演した映画「空母いぶき」での公開前インタビュー。

 
その内容が批判され、その内容が炎上しています。

 
佐藤さんが発言した内容は下記になります。

 

ー総理大臣役は初めてですね。

最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。

いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね。

でも監督やプロデューサーと

「僕がやるんだったらこの垂水総理大臣をどういうふうにアレンジできるか」

という話し合いをしながら引き受けました。

そしてこの映画での少し優柔不断な、どこかクジ運の悪さみたいなものを感じながらも最終的にはこの国の形を考える総理、

自分にとっても国にとっても民にとっても、何が正解なのかを彼の中で導き出せるような総理にしたいと思ったんです。

ー総理は漢方ドリンクの入った水筒を持ち歩いていますね。

彼はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらったんです。

だからトイレのシーンでは個室から出てきます。

(引用:雑誌「ビッグコミック」2019年5月10日号より)

 
インタビューは長いため、一部は割愛していますが、内容をを整理すると下記になります。

 
①体制側の役を演じるのは抵抗感がある→本当にやりたいと思わなかった
②自分が演じる場合、総理をどう演じるかを話し合った
③役柄は優柔不断でくじ運が悪いながらも結論を下す人物
④役柄はストレスに弱く、お腹を下すキャラクターにした

 
佐藤さんが演じるあたり、注文を出して、それを飲んだら出演するという形だったのでしょう。

 
この佐藤さんのインタビューを読んだ百田さんがTwitterで下記の発言をしたことが発端です。

 
日本で大人気の小説家である百田さんの意見だけに、非常に注目が集まりました。

 

 
そして、それに続くように幻冬社の見城社長も下記意見を述べています。

 
見城社長も影響力のある方であり、ネット上では「佐藤浩市はなぜこんな発言をしたのか?」と疑問に思う人も少なくなかったと思います。

 

 
その一方で、佐藤さんの発言時代は別に悪くないという立場の人もおり、下記に記載していきます。

 
批判されている理由は主に下記になります。

 
①佐藤さんが潰瘍性大腸炎の持病を持つ安倍晋三首相を揶揄している
②病人をバカにしている
③当初は出演したくなかった、政権側を演じることに抵抗があると同等と発言
④自身の発言で役の設定を変えている

 
安倍総理批判といわれていのは、潰瘍性大腸炎を揶揄する発言をしているからでしょう。

 
安倍総理が持つこの病は、大腸の炎症で激しい下痢や血便などが現れる病気です。

 
つまり、佐藤さんが、自身が演じる役をお腹が弱い人物に変更させたあたりが、暗に安倍総理を批判したのでは?と言われています。

佐藤浩市の政治思想は左翼・左派?

この佐藤さんの発言から、ネット上では「反日」「安倍批判」という形で炎上がされています。

 
そこで気になるのが、佐藤さんの政治思想です。

 
実は佐藤さんは過去に下記の発言をしています。

 

“欧米に比べて日本の俳優には社会的発言が少ない”という問いには、 「スポンサーとの関係性」という日本の特異な問題点を述べた上で、「世間もメディアも我々に社会的、政治的発言を求めていない側面もある。

この島国では残念ながら、個人が自由に発言できる状況にはないのが現実だと思います」と述べている。

俳優が置かれている立場に佐藤が疑問をもっていることがわかる回答だが、「個人が自由に発言できる状況にはない」という指摘は、いま日本で強まる同調圧力や、多様な意見に対する偏狭な批判の多さを佐藤も感じているのかもしれない。

 


 
また、佐藤さんは過去にも「しんぶん赤旗」にも登場しており、政治的な発言はされていないですが、左翼・左派だと予想することはできます。

 
在日・韓国人ではないですが、思想的には「体制側に抵抗」と話しており、左翼的な部分はあるかもしれません。

佐藤浩市は安倍首相を批判している?

佐藤さんの発言は、役作りの一環であるとい声も多く、一概に安倍総理の批判で炎上しているわけではありません。

 
また、それを許諾した製作陣にも責任があるわけで佐藤さんの個人攻撃になるのはいかがなものかと思います。

 
実際に映画を見た人は、安倍首相を批判するような様子はなかったと話しており、インタビューの発言が少し過剰に拡散されていった部分はあるのではないでしょうか。


 

まとめ

今回は、

 
●【空母いぶき】佐藤浩市の炎上まとめ
 
●佐藤浩市の政治思想は左翼・左派?
 
●佐藤浩市は安倍首相を批判している?

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう