2011年に放送されたアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」

 
アニメ放送後も漫画化、映画、実写ドラマなど非常に多く人が楽しんだ作品です。

 
タイトルは非常に長く特異な内容ですが、一体、どんな意味があるのでしょうか。

 
タイトルの内にある"あの日見た花"がどんな花なのかも気になりますね。

 
今回は、アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のタイトルの意味について深掘りしていきます。

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(あの花)タイトルの意味は?

アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」は2011年4月にフジテレビにて放送され、以降は漫画、映画、実写ドラマでも作品化しています。

 
アニメも複数回再放送されている大人気作品です。

 
タイトルの「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の意味はどんな内容なのでしょうか。

 
作品の内容やスタッフへのインタビューなどから推測する事が可能です。

 
以下、タイトルの意味についての有力の考えを記載していきます。

「真実の愛」「私を忘れないで下さい」の意味

1つ目の意味としては、

 
「真実の愛」
「私を忘れないで下さい」

 
というものです。

 
物語の最後、めんま(本間芽衣子)が成仏したと思われる木の下に勿忘草(わすれなぐさ)の描写がありました。

 
そして、「勿忘草(わすれなぐさ)」の花言葉が、「真実の愛」「私を忘れないで下さい」の2つの意味をなしているのです。

 
欧米諸国でも古来より友愛や誠実の象徴として親しまれている花です。

 
勿忘草(わすれなぐさ)については、中世ドイツの恋愛伝説に登場する主人公の言動から由来しています。

 
ドイツでは騎士ルドルフが恋人のためにドナウ川の岸辺に咲くこの花を摘もうとしたところ、川の流れに飲まれてしまいます。

 
その際に最後の力で花を岸に投げ入れ、"Vergiss-mein-nicht!“(僕を忘れないで)という言葉を放ってなくなっていったそうです。

 
日本では1905年(明治38年)に植物学者のの川上滝弥によって初めて「勿忘草」「忘れな草」と訳され、以降は同名称で定着されています。

 
「あの花」に話を戻すと、めんまが成仏→忘れな草が木の下に咲いている、という流れでした。

 
めんがきちんと成仏をして後も、超平和バスターズの面々から忘れられたくない、忘れないでほしいという意味があると思います。

「追想の愛」の意味

2つ目の意味としては、「追走の愛」があります。

 
「追走の愛」は、ハルジオンの花言葉になっています。

 
なぜハルジオンかというと、最終回の最後の牛乳瓶に入っていた花はハルジオンでした。

 
牛乳瓶のハルジオンは1話では6本が枯れていますが、最終話では6本とも綺麗に咲いています。

 
これは話を通してバラバラになっていた6人がきちんと心が繋がったことを暗喩しているものだと思います。

 
ハルジオンの花言葉になっている「追憶の愛」の意味について解説します。

 
追憶とは、過去の事を思い出す・過去の出来事や去った人を思い出してしのぶこと、という意味です。

 
これに愛が加えられることにより、追憶の愛=過ぎ去った愛を思い出す、ということになります。

 
「あの花」では、宿海仁太(じんたん)、めんまこと本間芽衣子の恋愛模様が数多く描かれていますが、2人がきちんと気持ちを伝えることができずに、めんまが死別した過去がありました。

 
2人の恋愛だけでなく、他の4人のメンバーも同様にやりきれない思いで成長していった経緯があります。

 
ハルジオンの花言葉の「追憶の愛」には、このような過去のトラウマやコンプレックスを抱える超平和バスターズの面々が、再び過去に向き合い、乗り越えるためには必要なことだった推測できます。

「あの日」はいつのこと?

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の「あの日」については、

 
めんまこと本間芽衣子がなくなった日

 
だと思います。

 
めんまが亡くなったことで、超平和バスターズは自然解散をしており、当時から抱えた想い・悩みを再会して確認していく内容になっています。

 
タイトルの「あの日見た花の名前」は、言い換えると、「めんまが亡くなった日に見た花の名前」となります。

 
「めんまが亡くなった日に見た花の名前をまだ知らない」とは、"まだ"という部分がポイントであり、物語を通して、あるいはこれから大人になるに連れて学ぶようになっていくという意味があると思われます。

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(あの花)の"花"はどんな種類

最後に、「花」は結局、どんな花を指しているのかという点を深掘りしていきます。

 
花の可能性があるのは、上記の内容からも、

 
・勿忘草(わすれなぐさ) : めんまが亡くなった直後に咲いていた花
・ハルジオン : 牛乳瓶に入っており、1話→最終話と繋がりがある

 
この2つだと思います。

 
どちらの花にしても、「真実の愛」「追憶の愛」とアニメの内容にぴったりであり、共に該当するのではと思われます。

 
もちろん、これについては特定の花の意味はないという説も出ており、100%の正解がないのが実情です。

まとめ

今回は、

 
●「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(あの花)タイトルの意味は?
 
●「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(あの花)の"花"はどんな種類

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう