ソフィー・ターナーの性格と生い立ちは?鬱や結婚など経歴プロフィールについても

イギリス出身の人気女優、ソフィー・ターナー。

日本でも非常にある注目の女優であり、可愛い・カッコ良いと賞賛する声が絶えません。

テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」、映画「X-MEN」を観て、多くの人が注目しているからでしょう。

一体、どんな性格や生い立ちなのでしょうか。

今回は、女優のソフィー・ターナーについて深掘りをしていきたいと思います。

ソフィー・ターナーのプロフィールまとめ

まずは、ソフィー・ターナーの簡単なプロフィールから記載していきます。

氏名ソフィー・ターナー
英語Sophie Turner
生年月日1996年2月21日
出生イギリス
身長175cm
体重64kg
スリーサイズ86-61-86
足のサイズ25.5cm
出身校ザ・キングス女子高校

ソフィー・ターナーはイギリス出身で1996年2月21日生まれの女優です。

2011年にアメリカのテレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のサンサ・スターク役でデビューを飾り、2011年の放送から開始から2019年5月の最終話まで全シリーズに出演を果たします。

ハリウッド映画では、2016年公開の「X-MEN: アポカリプス」、2019年公開の「X-MEN: ダーク・フェニックス」でジーン・グレイ役で出演。

特に2018年は、長きに渡るシリーズの最終章でありながら、主演を飾る大役を務めています。

年齢は20代前半ながらも、非常に人気と実力を兼ね備えた女優です。

プライベートでは、2017年にアメリカ出身のミュージシャン、ジョー・ジョナスと婚約を結び、2019年に結婚をしています。

ソフィー・ターナーの生い立ちは?

続いて、ソフィー・ターナーの生い立ちについて記載していきます。

出生と家族

ソフィー・ターナーは1996年2月21日、イギリスの出身の女優です。

家族構成は両親と兄が2人であり、父はパレットを配分する会へ勤務、母は看護学校の先生をしています。

ソフィーは出生時は双子でしたが、兄は出生前に亡くなってしまったそうです。

そのエピソードはソフィーは今でも忘れることなく、日々生活をされているようです。

女優としての活動は3歳からであり、イギリスの劇団に加入をします。

高校はキングスハイスクールという女子高を卒業されています。

今でこそセレブな生活をされていますが、当時は納屋や牧場で泥まみれで遊ぶほど活発な少女であり、周囲に愛されなあがら育ったと思われます。

一方、健康面では、幼少期より、ADHD(注意欠陥多動性障害)を患っており、症状を抑える薬も服用をされています。

完治したかまでは定かではないですが、現在も女優をされており、生活には大きな支障がないと思われます。

テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」が大ヒット

ソフィーは2011年春から放送されたアメリカのテレビドラマ、「ゲーム・オブ・スローンズ」でデビューを飾ります。

デビュー作品ながら、サンサ・スタークという主演を演じています。

この作品はソフィーのデビュー作にして出世作であり、シリーズは2011年から2019年5月まで続き、全8シーズンに出演を果たしています。

ドラマでの演技が評価され、2012年ヤング・アーティスト・アワードのベスト・パフォーマンスINテレビシリーズにノミネートをされています。

惜しくも受賞には至りませんでしたが、2010年代半ばに入ってもオファーが絶えることはなく、下記の作品にも出演をしています。

・2013年:テレビドラマ「The Thirteenth Tale」、映画「Another Me」
・2015年:映画「Another Me」
・2016年:映画「X-MEN:アポカリプス」
・2019年:映画「X-MEN:ダーク・フェニックス」

映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」は、2019年に日本でも公開されています。

この作品は、映画『X-MEN』シリーズとしては通算で第7作品目であり、スピンオフ作品も含めると第12作品目となります、

長期に渡ったシリーズの最終章を飾るということは、それほど期待されていることは間違いありません。

うつ病で自殺を考えた過去

ソフィーは13歳のころ、自殺を考えるほど気持ちが落ち込んだことがあったそうです。

当時はドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」に出演をしていた時期であり、SNSの心無いコメントに傷つく日だったそうです。

私、ただそれ(SNSのコメント)を信じてた。

『ニキビがあるし、太ってて、悪い女優だ』って、言ってたわ。

それで、衣装のコルセットをすごく締めてたの。とにかくとても自意識過剰だったわ。

news.livedoor.com

そして、最初は問題なかったソフィー自身のメンタル面も崩れていくようになり、うつ病の症状へと変わっていったそうです。

徐々に食事や外出する気力も失せていったそうです

現在は体調はもとに戻ってはいるようですが、まだ完全には抜け出せておらず、2019年4月の段階で下記のように語っています。

このうつの症状に5~6年ほど苦しみ続けてる。

私にとって、ベッドから抜け出して、家から出るのは大きなチャレンジなの。

自分を愛することを学ぶのが一番大きなチャレンジね。

news.livedoor.com

ソフィーは当時を振り返り、「自殺することをよく考えてた。なぜかはわからないけど」と語っています。

メンタルヘルスときちんと向き合い、SNSでは誹謗や中傷コメントをしないように心がけているそうです。

2019年にジョー・ジョナスと結婚

プライベートな部分では、2017年にアメリカ人のジョー・ジョナスと婚約をしています。

ジョー・ジョナスは、人気ロックバンド・ジョナスブラザーズのメンバーです。

バンドは2013年に解散をしていますが、解散から5年後もオリコン1位を獲得する人気ぶりだそうです。

交際は2016年11月頃から交際を重ねており、オランダで開催されたMTVのプレコンサートで親密にしている様子を目撃されています。

きっかけは知人の紹介で、その後にお互いのインスタをフォローしたら、ジョー・ジョナスからソフィーにDMが届いたそうです。

ジョー・ジョナスはアメリカではプレイボーイといわれており、これまで数多くのセレブ女子を交際→破局を繰り返してきていました。

しかし、今回ばかりは本気であり、ソフィーの家族にも挨拶はしており、婚約をした経緯があります。

2017年当時はソフィーがドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」に出演をしている真っ只中であり、具体的な式の話までには至ってなかったそうです。

すでこのドラマの放送は終わっており、ソフィーは2019年に結婚をされています。

式はロサンゼルスであげたようです。

 米ポップ・ロック兄弟バンドのジョナス・ブラザーズのジョー・ジョナスが現地時間1日、海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の女優ソフィー・ターナーと米ラスベガスのリトル・ホワイト・ウェディング・チャペルで結婚したという。式には兄のケヴィンと弟のニックも出席した。

(略)

カントリーデュオのダン&シェイの歌に合わせて、ウェディングドレスではなく、白のキャミソールとスラックスという出で立ちのソフィーが、バージンロードを歩いたとのことだ。そしてジョーとソフィーは本物の指輪ではなく、キャンディの指輪を交換したという。ゲストにはDJのディプロやR&Bアーティストのカリードもいたそうだ

www.msn.com

報道されているものはアメリカのロサンゼルスになりますが、結婚式はフランスでもとりおこなうようです。

まとめ

今回は、

●ソフィー・ターナーのプロフィールまとめ

●ソフィー・ターナーの生い立ちは?

これらについてまとめました。

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう