女優・浜辺美波さんは数々のドラマと映画に出演されていますね。

 
演技力抜群で人気沸騰中ですが、しゃべり方の口元が変と一部の方から言われています。

 
歯を矯正して歯並びと歯茎がキレイになったという話もあり、過去と現在の口元も見比べてみたいですね。

 
今回は浜辺さんの「しゃべり方」と「口元」に注目して深堀していきます。

 
 

浜辺美波のしゃべり方

しゃべり方の口元が変?時系列で調査

2000年8月29日生まれの浜辺さんは、16歳から徐々にドラマや映画に出演しています。

 
2015年にドラマ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」で主人公・本間芽衣子を演じて注目を浴び、2017年7月に公開された「君の膵臓をたべたい」で一躍有名になりました。

 
10代から異性同性問わずに人気を博している浜辺さんですが、一部からは「しゃべった時の口元が変?」という声も上がっています。

 
過去と現在の画像を見比べてみると、浜辺さんの口元が大きく変わっていますね。

 
時系列に沿いながら、見ていきましょう。

 

2015年

●主な出演作品
・ドラマ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」
・ドラマ「無痛〜診える眼〜」
・映画「エイプリルフールズ」
 
浜辺美波 しゃべり方・口元 画像(2015)
 
浜辺美波 しゃべり方・口元の動画(2015)

 
ドラマ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」に出演を果たし、注目を浴び始めた頃です。

 
顔や唇が少しふっくらしており、幼い雰囲気が出ています。

 
口元に注目すると左上前歯に八重歯が見え、個人的な感想ですが、少し滑舌が悪い感じがしますね。

 

2016年

●主な出演作品
・ドラマ「必殺仕事人2016」
・ドラマ「咲-saki-」
・映画「妖怪ウォッチ」
 
浜辺美波 しゃべり方・口元の画像(2016)

 
ドラマ「必殺仕事人2016」の放送時の画像です。

 
2015年ほどではありませんが、口元がふっくらしていて、しゃべった時にも八重歯あるのがわかりますね。

 
女性は15〜16歳で体に丸みが出てくるといいますが、浜辺さんも同様かもしれませんんね。

 

2017年

●主な出演作品
・ドラマ「スーパーサラリーマン左江内」
・映画「咲-saki-」
・映画「君の膵臓を食べたい」
・映画「亜人」

 
浜辺美波 しゃべり方・口元の画像(2017)
 
浜辺美波 しゃべり方・口元の画像②(2017)

 
2017年は浜辺さんは一躍有名になった年ですね。

 
映画に3本中2本で主演出演。

 
特に「君の膵臓を食べたい」では病にかかりながらも元気に生きようとする少女を好演。

 
大ヒット映画になり、大きく話題になりました。

 
口元も役作りに合わせてか、かなりシュッとしていますね。

 

2018年

●主な出演作品
・ドラマ「崖っぷちホテル」
・映画「となりの怪物くん」
・映画「センセイ君主」
 
浜辺美波 画像(2018.1)
 
浜辺美波 画像(2018.6)

 
2018年も引き続き、多くの作品に出ています。

 
口元が変わりだした(?)のは、この頃からですね。

 
左上前歯の八重歯がすっきりしており、歯並びも整っています。

 
2015年、2016年の頃に比べると肌も一段とツヤが出ており、女優としての貫禄が出ていますね。

 

2019年

●主な出演作品
・ドラマ「大奥 最終章」
・映画「賭けグルイ」
・映画「アルキメデスの大戦」
・映画「屍人荘の殺人

 
浜辺美波 動画(2019)
 
浜辺美波 画像(2019)

 
2019年は年齢も19歳とほぼ成人。

 
口元はもちろん、頰も凄くシャープになり、15歳の時とは大きくイメージが違いますね。

 
10代は男女問わず、大きく体が変わっていきますが、浜辺さんはかなり綺麗になっていますね!

 

しゃべり方の滑舌が悪い?

浜辺さんのしゃべり方は、非常に品があり、おしとやかな雰囲気が出ていますね。

 
映画「君の膵臓を食べたい」では多くの番宣をされていましたが、10代とは思えないほど落ち着いており、各インタビューに丁寧に答えている印象がありました。

 
あまり大きく口をあけて話すタイプではなく、インタビューでしゃべり方や口元に違和感を感じたことはありませんでした。

 
浜辺さんに対して「しゃべり方が変」という声がありますが、それは2017年〜2018年前半にかけて集中していました。

 
一部からしゃべり方のぎこちなさや滑舌の悪さを指摘され、笑った時も何か違和感がある・・・という内容です。

 
ドラマ「崖っぷちホテル」での放送を境にして、「滑舌が良くなった」「戻った」という声が上がっています。

 


 

 
2019年にはTwitterで定期的にショートムービーをあげていますが、違和感はありません。

 
報道ステーションの「テラせ!ニッポン!」でナレーションを務めるなど、声も素敵で聴きやすいですね!

 

浜辺美波は歯を矯正した!?

歯並びと八重歯を治した

浜辺さんには「しゃべり方が変」という声が2017年〜2018年前半にかけて集中していました。

 
なぜ、しゃべり方が変なのか・・・

 
原因を探っていくと、「歯並び」と「八重歯」を矯正していることがわかりました。

 
まず、「八重歯」については、2017年10月と2018年1月の画像を見比べてみると明らかですね。

 
左上前歯にあった八重歯が綺麗に歯列されていて、違和感がありません。

 
浜辺さんは八重歯を抜歯して、その上で矯正をして歯並びも治したのでしょう。

 
芸能人はテレビ露出が多い職業であり、特に役者となれば基本的に歯を治しますので、浜辺さんも例外なく行なっていたのですね。

 
実際、公表こそされていませんが、浜辺さんは歯を矯正中でした。

 
下記の画像を見ればわかりますが、歯の裏側にキラリと光る銀歯のようなものが見えますね。

 

 
これは、歯列の矯正を裏側から行う方法で、矯正器具がついているからです。

 
前側に装置を付けるのと効果は同じですが、一般的に裏側矯正は表面に比べて治療時間と費用がかかるのが特徴的です。

裏側と表側の矯正ってどう違うの?

表側矯正と裏側矯正の違いとは、歯を動かす為の装置を歯の表側/裏側につけるかの違いです。

裏側矯正では矯正治療中も他人に気づかれることなく、治療を行なえます。

しかし、一般的に裏側矯正は表側と比べ、治療期間がかかる、費用が割高、発音障害などがあると言われてきました。

しかし、近年の裏側矯正における技術の進歩、装置の発明、専門医のスキルの向上により、ほぼ 表側矯正と変わらず、治療できるようになってきております。

また、噛合わせのケースによっては、裏側矯正の方がスムーズに治療が行なえることもあります。
(shibuyakyousei.jp)

 
浜辺さんは女優業をこなしていることから、演技に支障のない裏側矯正を選択したのでしょう。

 
前側に装置が付いていると印象の部分で多くの役はこなせないですからね。

 
裏側矯正の場合は装置が見えないため、半年くらいで表面的な並びは綺麗になるため、休業をせずに取り組めるのが良いですね。

 
ドラマと映画の「賭ケグルイ」では非常に怪奇な役柄を演じておりますので、多少、裏側矯正の装置が見えても問題はないでしょうか。

 
裏側矯正のデメリットでは、滑舌が悪くなってしまう、というのがあげられます。

 
浜辺さんに対してしゃべり方が変、滑舌が悪いという声があったのは、2017年〜2018年前半であり、ちょうど矯正していた時期と同じです。

 
撮影時には、なれない矯正に戸惑い、滑舌が乱れてしまったというのは大いに考えられます。

 
2018年途中からは口元がかなりスッキリしており、2019年にはテレビのナレーションをするくらい滑舌が良くなっています。

 

歯茎がキレイになった?

浜辺さんは笑顔になると歯茎が出る「ガミースマイル」ですね。

ガミースマイルとは?
笑った際に上の歯の歯茎が大きく見えすぎてしまうことを言います。

芸能人にもガミースマイルの方は多く、必ずしも直さなければいけない、といったものではありませんし、チャーミングな特徴として捉えることもできます。

(略)

 ただし、ガミースマイルは骨格や歯並びが原因になっていることも多く、ガミースマイルの方は噛み合わせ等その他の問題を抱えている場合もあります。

「ガミースマイル」になる原因にはいくつかありますが、多くの場合、 骨格や歯が原因となります。

その他、上唇自体に問題がある場合、歯茎自体に問題がある場合なども稀にみられます。
(shinjukukyousei.com)

 
笑った時に前歯の上にある歯茎が見える笑い方であり、芸能界を見ると意外にも多くの女が、ガミースマイルですね。

 
すでに治療をしている人もいますが、大御所を記載すると、

 
・工藤静香
・森高千里
・梨花
・松たか子
・吹石一恵
・戸田恵梨香
・新垣結衣

 
などですね。

 
戸田恵梨香さんはデビュー直後と最近では、明らかに違いますね。

 
新垣結衣さんも意外ですが、歯茎が見えている時期が多く、これも治療したのでしょう。

 
ただ、ガミースマイルは歯並びやかみ合わせによる症状の一つのようで、浜辺さんは歯列を治したことで今後は改善されていくのでしょう。

 

まとめ

女優の浜辺美波さんですが、しゃべり方が可愛いと話題になっていますね。

 
歯の矯正などもあり、若干滑舌が悪い時期もありましたが、最近はそれも目立たなくなってきました。

 
今後の演技にも期待したいですね。

 
 

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
 
 

Twitterでフォローしよう