見えない目撃者の盲導犬は本物?パル役の犬種や結末についてもネタバレ

2019年9月20日公開の映画「見えない目撃者」。

主演の吉岡里帆さん演じる浜中なつめには、盲導犬のパートナーであるパルがいます。

パル役の犬は本物の盲導犬なのでしょうか。あるいは、あくまでも演じているだけなのでしょうか。

他にも、犬種や名前、物語の結末についても深掘りしていきます。

映画「見えない目撃者」盲導犬とは?

映画「見えない目撃者」には盲導犬が登場します。

主人公の浜中なつめ(吉岡里帆)は視力を失った元警察官であり、生活に欠かせないパートナーとして盲導犬のパルがいます。

少し画像は小さいですが、下記の画像で吉岡さんと一緒にいるのがパル役の犬になります。

「見えない目撃者」には元ネタが存在しており、2011年に製作された韓国映画「ブラインド」がリメイクされた内容です。

さらにいえば、2015年の段階ですでに中国の人気女優ヤン・ミーにより「見えない目撃者」は映画化されています。

・2011年「ブラインド」

・2015年「見えない目撃者」(「ブラインド」のリメイク/中国・韓国合作版)

・2019年「見えない目撃者」(日本版)

という流れです。

2015年の中国・韓国合作版でも盲導犬は登場しており、そこでの名前は「ツォンツォン」でした。

日本版と中国・韓国合作版とでは製作スタッフは全く別のため、それぞれで異なる犬を起用しているでしょう。

●2015年公開「見えない目撃者」(中国・韓国合作版)の盲導犬

映画「見えない目撃者」盲導犬は本物?

「見えない目撃者」では盲目の主人公・浜中なつめを終始サポートする盲導犬のパル。

作中では盲導犬ですが、実際のところはどうなのでしょうか。

もしかしたら盲導犬ではない犬が起用され、ブリーダーにより演技がサポートされている可能性もあります。

ツイッターでも、

盲導犬役のわんちゃん、めちゃかわいい

すっごい喜んでたー♪♪

...ん?この子は本当の盲導犬なのかな?

映画、早く見たいな!

twitter.com

というコメントがあり、"本当の盲導犬がどうか"も気になる人は多いでしょう。

こちらについては映画公開にあたり吉岡里帆さんが下記のコメントをされています。

視界が闇に包まれている中でのアクションやサスペンス要素は想像以上にゾクっとする瞬間が多く、なつめとバディを組む盲導犬の"パル"がひとすじの光でした。

この作品を撮るにあたり、警察官、視覚障害者の方、盲導犬トレーナーの方に、多大なるサポートをして頂きました。

そして、現場のチームの皆様とは励まし合いながら過酷な撮影現場を共に走り抜けました。心から感謝しています。

本当に魅力的な組に恵まれました。

www.toei.co.jp

こちらは東映のホームページのコメントではありますが、撮影にあたり警察官、視覚障害者の方、盲導犬トレーナーから協力を受けていたようですね。

吉岡さんはクランクインより前の段階で森淳一監督と共に、このような方々に実際に対面して質問をしながら役作りをしていったそうです。

ここまで細かく役作りをしているため、盲導犬役のパルについても本当に訓練をしていた盲導犬、あるいはかつて盲導犬だったという可能性が高いです。

しかし、こちらについては、8月22日の完成披露舞台挨拶や公式ホームページでも"本当の盲導犬かどうか"については触れられておらず、今後の取材やテレビ放送の中で明らかになっていくと思います。

盲導犬パル役の犬種は?

盲導犬役のパルは非常に愛くるしい表情をしていますが、犬種は気になりますね。

パルの犬種は予告映像などをみると、ラブラドール・レトリバーで間違いないでしょう。

犬の中にも盲導犬には向き・不向きがあり、一般的に向いているといわれているのは、

・ラブラドール・レトリバー
・ゴールデン・レトリバー

といわれています。

この2つの犬種のミックスも盲導犬に向いているようです。

レトリバーという犬種は狩猟犬として昔から人間と生活をしてきた過去があり、周囲の環境への適応能力が非常に高いです。

性格も人間との協調性もとれるため、最適な犬種といわれています。

サイズもほどよく大きいため、街中でも人の目につきやすく安心です。

大型犬だと乗り物移動が難しくなったり、小型犬だと周囲の人からの視界から消えてしまう恐れもありますからね。

盲導犬パルの結末をネタバレ

「見えない目撃者」はすでに2015年に中国・韓国合作版で映画が公開されており、結末を知っている人も多いでしょう。

以下、ネタバレがありますのでご注意ください。

2015年に公開された中国・韓国合作版の「見えない目撃者」では、盲導犬のツォンツォンは亡くなってしまいます。

主人公を守るために犯人に立ち向かい、殺害されてしまうのです。

非常に悲しく、苦しいシーンです。

鑑賞した人の感想は・・・

となっており、果敢な姿に感動する一方、心を痛める人も多かったと思います。

9月20日に公開の日本版はR15+に指定されており、このようなシーンも含まれているからだと思います。

予告の段階ではこのシーンがあるかは定かではありませんが、可能性は高いでしょう。

吉岡さんも「“こんなひどいことあるか”ってくらいの絶望を目の当たりにしていただけるかなと思います」と完成披露会で語っています。

まとめ

今回は、

●映画「見えない目撃者」盲導犬とは?

●映画「見えない目撃者」盲導犬は本物?

●盲導犬パル役の犬種や名前は?

●盲導犬パルの結末をネタバレ

これらについてまとめました。

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう