今は亡き樹木希林さんの遺作、映画「エリカ38」が2019年に公開されます。

 
この作品は、数々の映画やドラマに主演をした樹木さんが女優人生で初めて企画を手がけた作品です。

 
早速、この映画の元ネタやモデルについて調べてみました。

エリカ38 元ネタ事件と人物

実在した女性が主人公モデル

映画「エリカ38」は実在した人物、山辺節子受刑者が起こした事件をモチーフにしています。

 
山辺「受刑者」であるのは、2017年4月に国際手配後にタイで逮捕されているからです。

 
山辺受刑者が逮捕された理由は、出資法違反。

 
会社役員など高所得を人を中心に架空の投資話を持ちかけ、数百人から27億円もだまし取りました。

 
2018年4月に懲役7年の判決が言い渡されていますね。

 
騙しの手口が非常に巧妙で、実際は還暦を超えていたにも関わらず、自称38歳と騙して男性を誘惑していったそうです。

 
今回の映画タイトルで「エリカ38」と数字が使われているのは、当時、山辺受刑者が使っていた偽りの年齢ですね。

 
山辺受刑者の経歴は後述しますが、幼少期からかかなりモテていたようで、そのテクニックを駆使して男性からお金を騙しとっていたようです。

 
詐欺を働いたのは国内ですが、晩年は徐々に手口がバレていき、最後はタイへ逃亡。

 
しかし、国際指名手配を受けたことで、逃亡先で身柄を確保されてしました。

 

元ネタ事件は実話

山辺容疑者は通称、「つなぎ融資の女王」といわれています。

 
彼女は1人から27億円を騙し取ったのではなく、高利回りの配当があると嘘の話を持ちかけて、複数人からお金を騙しとっています。

 
山辺受刑者が一番最初にお金を騙し取ったのは、山辺受刑者が50代の時。

 
経営していた会社が破綻し、ヤミ金にまで手を出していた山辺容疑者が、知人女性に「30万円投資してみない?」と持ちかけたことです。

 
もちろん、最初の段階で騙し取ることは計画しています。

 
当時は出資された30万円を、元金保証で20%の利益を乗せて10回に分けて支払うと約束していました。

 
しかし、山辺受刑者には30万円に配当をつけて還すお金も仕事もありません。

 
そこで考えついたのが「つなぎ融資」でした。

 
架空の話で投資をさせて、一部を自分の懐へ入れて、一部を返済に回していく。

 
自転車操業であり、雪だるま式に借り入れ額は増えていきますが、配当さえ返せば疑われずに済んでいました。

 
むしろ、山辺受刑者は男性受けが良いため、口コミでどんどん話が広がり、たった半年で数千万円単位でお金が集まっていったようです。

 
その後も同じような手口を繰り返し行い、およそ6年かけて総額27億円を騙しとりました。

山辺節子 過去の経歴と現在

生い立ちが酷い

山辺受刑者は1955年3月3日、熊本県益城町で生まれます。

 
兄弟はおらずに一人っ子でした。

 
幼い時から男性に好かれ、女性に嫌われる・・・という方だったようで、山辺受刑者自身、年齢を重ねるごとに母親と距離ができていったことを自覚しています。

 

「小さいときから男の人に助けられて生きてきました。

私はご覧の通り正統派の美人ではありませんが、とてもモテたんです。

学校で校則違反をしても、男性の先生は許してくれる。

そういう“ワザ”をいつの間にか身につけていたのだと思います。

一方で、女性からは嫌われていました。ええ、母からもです

 
同性からみれば、男性に甘えるのが上手なぶりっ子だったのでしょう。

 
一方で、男性はどんな山辺受刑者に心を奪われてしまい、助けてあげたくなっていったと予想されます。

 
男性遍歴は幼少期から激しく、中学校時代から30代カメラマンと交際、離婚後にも複数のパトロンから援助、不倫相手に妻子を捨てさせて貢がせた・・・など、普通ではあり得ないエピソードがあります。

 
学生時代から男子にモテることを意識していたのかもしれませんね。

 

水商売を経て会社経営者へ

 
山辺受刑者は19歳で結婚し、1男1女の母になります。

 
しかし、相手の男性とは30歳を前にしてあえなく離婚。

 
離婚後は子供も引き取ったため、開業資金を知人男性から借り、熊本市内でスナックを出店します。

 
幼少期から男性に好かれるタイプだったこともあり、スナックでは成功をおさめ、水商売の世界で躍進を果たします。

 
山辺受刑者自身も、男性から好かれるために相手の仕草やこだわりを研究して、相手が喜ぶような演出や言葉遣いを心がけていました。

 
男性からの人気は非常に高く、欲しい者があればどんどんプレゼントしてくれたようです。

 
30代後半になるとお店を売りはらい、会社社長と付き合い、豪遊生活をスタートさせていきます。

 
しかし、相手の社長が別女性と浮気したことをきっかけに関係は破綻。

 
新しい生活に踏み切るために、山辺容疑者は46歳にして自ら会社を起こして、再出発を図りました。

 
この会社の開業資金も男性からの支援であり、お金に関しては何不自由なく生きてきたといっても過言ではありません。

会社が破綻する

 
40代で企業した会社は成功をおさめ、山辺受刑者は人生を謳歌していたといわれています。

 
しかし、50代になり、人生が一変。

 
仕事を通じて知り合ったある製造業の女性社長と出会い、手形の裏書きを依頼されて応じたところ、相手方の会社が倒産します。

 
山辺受刑者は結果的に約1億円の不渡り手形を掴まされてしまい、自身の会社を手放して、自己破産をしてしまうのです。

 
その後はウグイス嬢やイベント司会者で食いつないでいきましたが、これまでの贅沢な生活水準を下げることができず、最後はヤミ金に手を出します。

「つなぎ融資」を始める

ヤミ金に手を出した山辺受刑者ですが、仕事もうまくいかず、昔のようにパトロンの男性からも見放されてしまい、ついに返済が危うくなります。

 
相手はヤミ金のため、返済しない時は何をされるかわかりません。

 
そんな時に思いついたのが、架空の投資話でした。

 
最初はその場しのぎで知人女性に30万円の投資話を持ちかけたことがきっかけです。

 
意外なことにそれがうまくいき、むしろ、その女性を介して多くの出資者を紹介してもらうことに成功したのです。

 
そして、その後は雪だるま式に出資からお金を借り、借金を増やしながらも、自転車操業で自己資金をためていったのです。

 
再び豪遊生活に戻り、車、宝石、外界旅行と贅沢な暮らしをするようになりました。

フィリピン人男性を溺愛

 
誘惑して騙し取ったお金を、歌舞伎町やフィリピンのホストに貢いでいたそうです。

 
特に2014年に出会ったフィリピン人男性にはかなり入れ込んでおり、

 
・高級外車と自宅を買い与える
・毎月180万円の生活費を支払う
・その代わりに男性は他の女性との交際を禁じる

 
という、破格の愛人契約まで結んでいたようです。

 
並行して、歌舞伎町では23歳のモデルと交際を始めています。

 
年の際はなんと37歳・・・。

 
この男性にも別の男性からの出資金をお小遣いとして貢いでいたそうです。

 
映画のモチーフにされたのも、詐欺のテクニック以外に人間的な魔性な面も演じるに値したということでしょう。

 
2015年になると、徐々に資金が回らなくなり、出資者から疑いの目を向けられます。

 
警察が調べ始めたのもこの辺りからといわれています。

 
山辺受刑者も日本にはいられなくなり、2016年にタイへ逃亡。

 
この時点でもうお金は残っておらず、最後の50万円を握りしめて、現地に向かったようです。

 
ここでも現地の31歳のタイ人ボクサーに一目惚れ。

 
お互いが出会ってすぐに恋に落ち披露宴まであげたというから驚きですね。

 
山辺受刑者いわく、この時はお金は持っていなく、本当に心で結ばれていたとそうで、求刑後もこの男性ことが忘れられないとのことでした。

 
しかし、最後は2017年3月30日に不法滞在をしていたとして、出入国警察に身柄を拘束されてしまいした。

 
場所は、タイ東北部ウボンラチャタニ県のガソリンスタンドでした。

熊本県の拘置所へ

山辺受刑者は2017年7月に初公判が行われ、2018年4月に懲役7年の判決が言い渡されました。

 
27億円を騙し取っても懲役7年のようですね。

 
2017年には一度、留置所で自殺を図ったとニュースになりましたが、未遂に終わったようです。

 
現在は熊本拘置所におり、現在が山辺受刑者曰く、刑期を終えた後はタイに行き、かつて婚約した男性と一緒に暮らすのだとか。

 
非常に破天荒なプランですね。

まとめ

映画「エリカ38」には、山辺節子というモデルになる人物がいました。

 
物語も当時の事件ベースに展開されていくのでしょう。

 
現在は受刑者の身であり、そんな人物を主演の浅田美代子がどう演じるのか大変楽しみですね!

 
以上となります。

 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう