2019年7月12日に公開された映画「トイ・ストーリー4」。

 
映画を鑑賞した一部の人からは「駄作」や「蛇足」という言葉が聞こえてきます。

 
過去のトイ・ストーリー3作品では言われてこなかった言葉であり、かなり意外ですね。

 
一体、何が理由でこのような評価となっているでしょうか

 
今回は、映画「トイ・ストーリー4」の評価や感想について深掘りをしていきます。

映画「トイ・ストーリー4」の評価は駄作・蛇足?

映画「トイ・ストーリー4」を鑑賞した人の中には「駄作」「蛇足」と評価をする人がいますね。

 
どのような点から、これらの評価に至ったのでしょうか。

 
それぞれについて記載をしていきます。

駄作の理由は?

「トイ・ストーリー4」が駄作といわれる理由は、ストーリー上の構成にでしょう。

 
具体的には、

 
・ボニーのウッディへ扱いが雑である(=アンディとの約束を果たせていない)  
・ウッディが仲間ではなくボー・ピープと共に過ごす決断  
・ポテトヘッドやレックスなど仲間たちが軽視されている  

 
この3点でしょう。

 
以下、各項目ごとに記載していきます。

 
●ボニーのウッディへ扱いが雑である(=アンディとの約束を果たせていない)

一つ目は、ボニーのウッディへの扱いが雑であるということです。

 
今作では明確な理由が描かれることなく、ボニーはウッディを遊びへ参加させずにクローゼットの中で埃をかぶるほど遊びから疎遠になっていました。

 
単にウッディに飽きてしまったということでしょう。

 
ボニー作のフォーキーという新しいおもちゃも登場しており、一気にウッディへの興味を無くしているようでした。

 
アンディとは、大切に遊んであげるという約束のもとで多くのおもちゃを譲り受けていましたが、幼稚園児ということもあり、当時の約束はきちんと覚えていなかったのかもしれません。

 
作中ではボニーとウッディの距離は終始離れたままであり、名前もきちんと呼ばれていなかったと思います。

 
他にも、ボニーの父親がウッディを2回踏みつけるなど、過去の3作品と比べてウッディへの扱いがかなり雑になっています。

 
これには過去作品で感動をした人も、ボニーへ大きな憤りを感じていました(↓)


 
 
●ウッディが仲間ではなくボー・ピープと共に過ごす決断

2つ目の理由はウッディがバズ達ではなく、ボー・ピープと共に"持ち主のいないおもちゃ"という選択をしたことです。

 
過去作品では、持ち主のアンディとウッディ、ウッディとバズなど仲間達、それぞれの絆が描かれていました。

 
その中でウッディはおもちゃの役目として所有者を楽しませることに一生懸命でした。

 
しかし、今作では、ウッディは最後はボニーの元へ帰ることをせず、バズ達共離れてボー・ピープと共に人生を歩むことを決断します。

 
これまで誰よりも仲間や持ち主を大切にしてきたウッディらしくない決断に、ちょっと戸惑うファンは多かったようです。

 
もう少し踏み込んでいくと、ウッディのこの決断で、制作側は何を伝えたかったのかと疑問に感じる人も多いです(↓)

 
過去作からウッディがこだわってきた考えが根底から覆されてしまい結末であり、「なぜ」と思う人は多いでしょう。

 
個人的には、ウッディが最後にボー・ピープとの人生を選択した理由は複数あると思っています。

ウッディが最後にバズ達と離れた理由はこちらにまとめてあります(↓/別タブで開きます)

 
 
●ポテトヘッドやレックスなど仲間たちが軽視されている

3つ目は、今作はウッディへフォーカスが当てられすぎており、過去作からのレギュラーのおもちゃ(ポテトヘッド、レックスなど)にほとんどスポットライトが当たらないという点です。

 
特に前作「トイ・ストーリー3」では、全員の一致団結ぶりが見事に描かれており、今作もそれを期待していた人が多いでしょう。

 
しかし、実際は「ウッディ・フォーキー・バズ」「他のおもちゃ」という完全に演出が分断されています。

 
ウッディ達以外はずっとキャンピングカーにおり、ほとんど出番がありませんでした。

 
見せ場は最後にキャンピングカーを操作して移動式遊園地内に運ぶことですが、おもちゃの掟から声を出すこともNGではないのかと思ってしまいます・・・

 
どちらにせよ、ウッディとバス以外の既存のおもちゃ達を生かして切れていない演出であり、過去作に比べてると不満を抱く人が多いです(↓)

蛇足の理由は?

上記では「駄作の理由」について記載してきました。

 
そして、他にも評価を表す言葉として、「蛇足」という声もありますね(↓)

 
「蛇足」の評価とは、言葉の意味通り「余計なつけたし。無用なもの。」という意味でしょう。

 
本来であれば3作品で終わっている作品であるにも関わらず、今作を後から付け加えたこともあり、このような評価を得ているのでしょう。

 
実際、今作のジョシュ・クーリー監督も下記のコメントを残しています。

 

『トイ・ストーリー4』を作るという話を最初に聞いた時、私自身も「え!? どうして?」と思いました(笑)。

3作目がフィナーレだと思っていましたし、私も『トイ・ストーリー3』の結末が大好きでした。

realsound.jp

 
つまり、今作の作成そのものが当初の構想からなかったことにあり、後付けでストーリーを加えた形になります。

 
特に前作の終わり方が綺麗に完成していたこともあり、今回の終わり方には消化不良を覚える人は少なくありません。

 
他にも、今作はこれまでシリーズを手がけてきたジョン・ラセターがピクサーを退社しており、新しいスタッフで制作した経緯もあるでしょう。

映画「トイ・ストーリー4」はつまらない?

では、「トイ・ストーリー4」はつまらないのでしょうか。

 
個人的には、映画そのものの評価に「つまらない」はあてはまらないと思います。

 
「つまらない」とは、

 
・作品の途中で飽きてしまう
・ストーリーが退屈で寝てしまう
・途中退席をしたくなる

 
ということだと思っており、今作ではそのような人はゼロではないにせよ、過去作同様にほとんどいないでしょう。

 
今作はストーリーが「つまらない」のではなく、話しての展開について「裏切られた」「ショック」と思う人が多いと思います(↓)

 
「裏切られた」「ショック」とは、先ほども記載しましたが、

 
・ボニーのウッディへの接し方
・ウッディの心境の変化
・バズ達や仲間達の描かれ方

 
です。

 
期待していたようなものではなく、過去作からの世界観や考えが大きく変わってしまう内容が多く、受け入れることが難しいと感じる人は少なくないでしょう。

 
レビューを見ても「がっかり」という言葉を使っている人もいました。

 
話自体はつまらないですが、絶賛するほどのものではない、という人が多いのでしょう。

映画「トイ・ストーリー4」感想まとめ

最後に、「トイ・ストーリー4」の感想についてまとめていきたいと思います。

 
まず、代表的な映画サイトでの採点は下記になります。

 
・映画.com : 3.4点
・Yahoo映画 : 2.83点
・filmarks : 4.0点
・moviewalke : 4.0点

(5点満点/2019年7月14日)

 
公開後間もないデータですが、その分作品に対して愛情のある人の意見でもあり、非常に参考になります。

 
点数では5点満点で3点半くらいでしょう。

 
そう考えると、賛否両論という言葉がぴったりですね。

 
以下は、面白かった人、イマイチ(駄作という人の意見をぞれぞれ掲載していきます。

面白かったという感想

イマイチ(駄作)という感想

 
シリーズ1から観ている人の感想の多くが、「作品は面白いけど、ストーリーの内容には納得いかない」というものでした。

 
逆説的には、映画そのものは面白いという認識をしている人が多い印象です。

 
他にも、サプライズ出演で、人気youtuberのヒカキンさんが吹き替えで参加されています。

 
配役はイーグル・トイです。(かなり一瞬の出演です)

 
ヒカキンさんの吹き替え出演シーンについて知りたい人はこちらをどうぞ。

 

映画「トイ・ストーリー」シリーズを無料で視聴する方法があります。

気になる人はこちらをどうぞ。
トイ・ストーリーのフル動画を日本語吹き替えで無料視聴する方法は?dailymotionは危険?

まとめ

今回は、

 
●映画「トイ・ストーリー4」の評価は駄作・蛇足?
 
●映画「トイ・ストーリー4」はつまらない?
 
●映画「トイ・ストーリー4」感想まとめ

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう