2019年7月12日に公開された映画「トイ・ストーリー4」。

 
日本語吹き替えでのエンドロールに「ヒカキン」と名前があり、驚いた人も多いと思います。

 
人気youtuberのヒカキンさんがトイ・ストーリー4に声優で出演しているサプライズがありました。

 
一体、どの役の日本語吹き替えを行なっているのでしょうか。

 
今回は、映画「トイ・ストーリー4」でヒカキンさんが日本語吹き替えを担当したキャラクターについて深掘りします。

映画「トイ・ストーリー4」ヒカキンはイーグル・トイ役で吹き替え声優を担当

映画「トイ・ストーリー4」では、日本語吹き替え用のエンドクレジットにヒカキンさんの名前がありました。

 
出演をされたことは、ご本人のyoutubeチャンネルで公表もされています。

12日付で投稿された動画で「『トイ・ストーリー4』の声優をわたくし、HIKAKINやらせていただいてまーす!」と発表。

気になる役どころについては「秘密です」と話し、作品に出てくる何かの声を担当しているようで「あえてここで明かさないでみんなに探して欲しいなって思って」と役を明かさない理由を説明した。

さらにヒントとしてアフレコ中の映像を音無しで公開。

続けて「今後、もしかしたらねYouTubeのコミュニティの投稿とかTwitterとかで正解を発表するかもしれません」と語った。

news.nifty.com

 
調べていくと、ヒカキンさんが日本語吹き替えを担当されたのは、イーグル・トイというおもちゃです。

 
エビデンスは下記のサイトになり、下段に「イーグル・トイ」という役名の配役に「ヒカキン」と記載されています。

 
映画を鑑賞された人からも下記の声が上がっており、非常に話題になっています(↓)

 
「イーグル・トイ」はそのまま検索をしても画像などはなく、英語で「eagle toy toystory」と検索をすると、「pixar.fandom.com」(ピクサーwiki)より過去作に登場していたフランクリンだとわかります。

 
フランクリンは、2011年に公開された短編映画(トゥーン・シリーズ)に登場するおもちゃです(↓)

 
●フランクリン

 
フランクリンはトゥーン2作品目の「ニセものバズがやって来た」に登場しており、この物語は日本では2012年公開の映画「メリダとおそろしの森」と同時上映されています。

「ニセものバズがやって来た」とは?
2011年にピクサーが制作したトイ・ストーリーシリーズの短編映画である。

アメリカ合衆国では『ザ・マペッツ』と同時上映され、日本では2012年に『メリダとおそろしの森』と同時上映された。

また、2013年5月22日に初のソフト化として『ピクサー・ショート・フィルム Vol.2』に収録される。
(ja.wikipedia.org)

「ニセものバズがやって来た」あらすじは?
バズ・ライトイヤーとレックスはボニーとファーストフード店に行ったが、ボールプールで遊んでいると、本物のバズが展示用のおまけのミニ・バズ・ライトイヤー(ニセものバズ)と入れ替わってしまい、ボニーのママが本物のバズを置いていってしまう。

一方、残された本物のバズは通気口から脱出を試みるが、捨てられたおもちゃたちの集会に巻き込まれてしまう。

その頃、家に着いたニセものバズはボニーに遊ばれる時間を待ちわびていた。すると、ウッディやジェシーらボニーのおもちゃ達にニセものだとバレてしまい、捕まってしまう。

その頃、本物のバズはおもちゃたちの遊ばれるシミュレーションに付き合わされていたが、おもちゃたちとの話し合いの中で脱出する糸口を見つけ・・・
(ja.wikipedia.org)

 
当時の日本語吹き替えは多田野曜平さんでした。

 
見た目は鷲(=eagle)のため、一部の日本語吹き替えサイトでは「イーグル・トイ」と紹介されていますが、正式名は「フランクリン」です。

映画「トイ・ストーリー4」ヒカキンが吹き替え声優のイーグル・トイはどこに登場?【動画あり】

では、「トイ・ストーリー4」でヒカキンさんが吹き替えを担当されたイーグル・トイことフランクリンは、どこに登場するのでしょうか。

 
調べていくと、下記のシーンだとわかります(↓/※青矢印は目立たせるため加えています)

 

 
ボー・ピープとウッディが、フォーキーを救出するため、デューク・カブーンに協力を依頼するシーンの前です。

 
ディスコのようになっていた隠し部屋の中にフランクリンは登場していました。

 
一瞬の出演であり、セリフもボー・ピープを懐かしむような短いものだったと思われます。

 
下記の予告動画は英語版ですが、この動画の1分37秒過ぎに登場します。

 
登場が一瞬ですので、注意してください。

 
日本語版では同じ予告シーンはないため、英語版でシーンだけでもご確認ください。

 
※動画は1:30からスタートさせています。

ヒカキンの声優への反応

ヒカキンさんがトイ・ストーリー4に出演されるあたり、様々な声があります。

 
まずはエンドールで驚いた人。

 
声優シーンは一瞬だと思われるので、クレジットをみて初めて気づいたパターンですね。

 
ヒカキンさんの登場には特に小学生や中学生も驚きを隠せなかったようで、エンドロールをみて驚き人が造出しています(↓)

 
●とにかく驚いたという人

 
ヒカキンさんの大ファンの人たちは「もう1回みる!」とも言っていますね。

 
上記のように役は確定しており、きちんと耳を済ませば聞こえてくると思います。

 
●もう1回鑑賞して探し当てる人

 
まだ映画を観ていないけど、ヒカキンさんの声を当ててやると意気込む人もいます(↓)

 
●これからの鑑賞を楽しみにする人

 
 
今回のサプライズ出演は総じて好評であり、ヒカキンさんの声もあってか2回目の鑑賞をする人も多いでしょう。

ヒカキンの過去のディズニー映画吹き替えは?

ヒカキンさんは過去にも、ディズニー映画で吹き替え声優として活躍をされています。

 
2018年12月21日公開の映画「シュガー・ラッシュ:オンライン」では、ストームトルーパー役を担当されています(↓)

 

 
この役は、様々なディズニーキャラクターたちが集まるWebサイト「OH MY DISNEY!」でヴァネロペが出会う『スター・ウォーズ』のいちキャラクターです。

 
「シュガー・ラッシュ:オンライン」はゲームの裏側の世界を描いた作品であり、YouTuberのヒカキンさんの出演はぴったりでした。

 
ヒカキンさんは小学生や中学生からも絶大な人気があるため、ディズニーとしてもPRも含めて非常に魅力的な声優でしょう。

 
「トイ・ストーリー4」では早くもディズニー2作品目となり、今度も多くの作品に起用されていくかもしれません。

 

映画「トイ・ストーリー」シリーズを無料で視聴する方法があります。

気になる人はこちらをどうぞ。
トイ・ストーリーのフル動画を日本語吹き替えで無料視聴する方法は?dailymotionは危険?

 
他にも、トイ・ストーリー4に関する記事をまとめています。

 

まとめ

今回は、

 
●映画「トイ・ストーリー4」ヒカキンはイーグル・トイ役で吹き替えを担当
 
●映画「トイ・ストーリー4」ヒカキンが吹き替えのイーグル・トイはどこに登場?
 
●ヒカキンの過去のディズニー映画吹き替えは?

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう