【トイストーリー4】ボニーの性格がひどいし嫌い?ウッディへ扱いの変化についても

2019年7月12日に公開された映画「トイ・ストーリー4」。

今作でも、前作「トイ・ストーリー3」に続いて、ボニー・アンダーソンが登場します。

ボニーはウッディ達の持ち主の幼稚園園児ですが、今作では性格がガラッと変わり、鑑賞者から「ウザい」「嫌い」という声が聞こえてきます。

確かに、作中でのウッディの扱いも凄く酷いですね。

今回は、映画「トイ・ストーリー4」に登場するボニーの性格について深掘りをしていきます。

映画「トイ・ストーリー4」ボニーの性格がウザい・嫌い?

映画「トイ・ストーリー4」に登場するボニー・アンダーソン。

前作に続いての登場ですが、今作では描かれた方が大きく変わっており、鑑賞者から「ウザい」「嫌い」などネガティブな声が聞こえてきます。

まずは、実際に映画「トイ・ストーリー4」を鑑賞した人のボニーへの感想をご覧ください。

映画を鑑賞した人の多くは、ボニーに対して良い感情を抱いていないです。

理由はいくつかはありますが、下記ではないでしょうか。

・ウッディが遊びの対象から外れている
・ウッディに存在を忘れホコリをかぶせている
・直接「ウッディ」と呼ぶことはない
・「フォーキー〉ウッディ」が露骨で見向きもしない
・保安官バッチを外してジェシーにつける
・アンディとの約束を破っている
etc...

シリーズ1〜3ではアンディとウッディの関係がきちんと構築をされており、シリーズ3でアンディの年齢もあり、お互いに離れることを選びました。

アンディからウッディ達おもちゃを譲り受けたボニーは、シリーズ3の最後では凄く嬉しそうにウッディと遊んでいましたが、本作では態度を一変させて遊ばなくなっています。

序盤からウッディは遊びのメンバーから外れてしまい、なぜか、アンディからもらったおもちゃで唯一仲間に入れてもらえませんでした。

悲しいことにクローゼットの中に入れられてしまい取り出されることもなく、体にはホコリがついてしまうほどです。

シリーズ3から本作まで、物語上でも1年ほどしか経過をしていないと思われるため、短期間でのボニーの性格の変わりぶりには驚く人も多いと思います。

アンディは当初、ウッディを大学寮に持っていく予定であり、その気持ちを考えていくとボニーのウッディへの態度にはイライラする人がいてもおかしくはありません。

それだけでなく、今作ではボニーが自ら作ったフォーキーというおもちゃも登場します。

ウッディは「僕はゴミ」とおもちゃの自覚がないフォーキーの面倒を見るため、終始一緒にいることになります。

ボニーもウッディとフォーキーが近くにいることは何と無くわかっているかと思いますが、ウッディにはほぼシカト状態。

(ボニーの父親はシカトどころか、床にいたウッディを2回踏みつける始末)

フォーキーは自分で作ったおもちゃであるため可愛がられて当然かもしれませんが、ウッディの様子を見ると悲しくなってしまいますね・・・。

映画「トイ・ストーリー4」ボニーのウッディへの扱いが酷い理由は?

では、シリーズ3から4(今作)で、ボニーはなぜウッディへの扱いが雑になったのでしょうか。

ちなみに、シリーズ3でのボニーはこんな感じでウッディを抱きしめています(↓)

●トイ・ストーリー3でのボニー

ボニーがウッディへの扱いが変わっていることは紛れもない事実であり、その理由は気になりますね。

個人的には、理由は「ウッディだけの物語を今後も作るため、演出的にウッディと所有者(ボニー)と離したかった」からだと思います。

基本的には映画の制作上の都合だと思います。

映画では"なんでウッディと距離が空いたのか"までは明確に描かれておらず、これについては下記のリンクの通りに推測ベースになってしまいます。

●ボニーがウッディと遊ばないのはなぜ?考察はこちらをどうぞ。

どんな理由にせよ、ボニーとウッディの距離を開かせる内容になっているのは、今後(トイ・ストーリー5)への伏線だと考えています。

映画「トイ・ストーリー4」ではウッディがおもちゃの所有者と離れ、おもちゃではない自分の人生を歩む一歩目を描きたかったのだと思います。

もともと、「トイ・ストーリー3」で簡潔するはずだったシリーズですが、"ウッディだけの冒険"にフォーカスを当てた物語はまだなく、それなら「4」を作ろうとなった経緯があります。

以下はジョシュ・クーリー監督の公開前のコメントです。

「皆さんもそうだと思いますが、私も『3』でシリーズ最後だと思っていました。

しかしあれはウッディとアンディの関係の終幕であり、ウッディの冒険はまだまだ語るところがあると気付いたのです。

それからとてもワクワクしながら本作の制作に取り掛かりました」

natalie.mu

かねてより「おもちゃとしての仕事」に誇りをもつウッディを所有者から離れさせるには、所有者から離れさせていくしかない。

そのためウッディが持つ"所有者への忠誠心"を物語中で削ぎ落としていく必要があり、そこでボニーの心変わり、ボー・ピープとの出会いなど様々なプロットが埋め込まれていったと思われます。

(今作でもウッディがボニーのお気に入りであれば、仲間から離れずにキャンピングカーに乗っていたはずです)

そして、「4」で完全に自由になったウッディが、今後は「5」でこれまでとは違う活躍をしていく・・・という流れではないでしょうか。

確かに今作ではボニーとウッディの関係はシリーズ3から大きく変わってしまい戸惑い部分も多いですが、次作以降への布石だと考えると妙に納得してしまいます。

映画「トイ・ストーリー4」ボニーの性格は変わったの?

ボニーはウッディには飽きてしまっていますが、これは幼稚園児であればよくあることかもしれません。

物語を見ていくと、ウッディへの扱いは変わっていますが、性格そのものは変わっていないですね。

例えば、

・おもちゃ遊びは好きで「○○ごっこ」を継続中
・一つのおもちゃに執着する傾向あり(今回はフォーキー)
・友達づき合いが苦手(人見知り)
etc...

それだけにウッディへの扱いが酷い理由は知りたいですが、そこは上記の通りで、今後への布石だったと思うことにしましょう。

 
ウッディは結果的にボー・ピープという相手とめぐり合うことができており、今後は自分の人生を歩むために冒険に飛び出していくと思います。

 
物語でのボニーの性格はそこまで変わっていなかったですが、声優は変わっているのです。

前作から9年が経過しており、英語版・日本語吹き替え版共に変更となっていました(↓)

映画「トイ・ストーリー」シリーズを無料で視聴する方法があります。

気になる人はこちらをどうぞ。
トイ・ストーリーのフル動画を日本語吹き替えで無料視聴する方法は?dailymotionは危険?

まとめ

今回は、

●映画「トイ・ストーリー4」ボニーの性格がウザい・嫌い?

●映画「トイ・ストーリー4」ボニーのウッディの扱いが酷い理由は?

●映画「トイ・ストーリー4」ボニーの性格は変わったの?

これらについてまとめました。

以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう