2019年7月12日に公開された映画「トイ・ストーリー4」。

 
ウッディ達の持ち主である子供、ボニー・アンダーソンは今作にも登場しています。

 
ボニーは今作でもウッディの運命を握るキーパーソンであり、一体、誰が吹き替え声優を担当されているのでしょうか。

 
今回は、映画「トイ・ストーリー4」に登場するボニーの吹き替え声優について深掘りをしていきます。

映画「トイ・ストーリー4」ボニーの吹き替え声優は誰?

映画「トイ・ストーリー4」でボニー・アンダーソンの日本語吹き替えを担当したのは、中村優月さんです。

 
中村さんは2012年8月22日生まれの子役女優です。

 
映画公開時で年齢は6歳、2019年で7歳となるため、学年では小学校2年生にあたるのではないでしょうか。

 
今回吹き替えを担当されたボニーは、作中では幼稚園〜小学校1年生であり、年齢的にもピッタリでしょう。

 
ボニーは今作ではフォーキーへの愛情を示す場面が多かったですが、どの声もきちんと感情がこもっており、全然違和感を感じませんでした。

 
ちなみに、英語版ではマデリーン・マックグロウという期待の子役が担当されています。

 
マデリーン・マックグロウは大ヒットアベンジャーズシリーズの「アントマン&ワスプ」(2018年公開)でホープ・ヴァン・ダインの少女時代の役も演じているほどです。

 
話を戻すと、中村さんはピクサー関連の映画で声優を担うのは2作品目になります。

 
1作品目は、日本公開が2018年3月16日の映画「リメンバー・ミー」。興行収入50億円の大ヒットのディズニーアニメーション映画です。

 
中村さんは作中では主人公・ヘクター(声:藤木直人)の妹役で出演をしています。

 
ヘクターが過去を回想するシーンで少しだけ登場しており、限られた出番ならがも物語を盛り上げる重要な役でした(↓)

 
すでにピクサーで2作品目に出演をしており今後も声優での出演機会は多いのではないでしょうか。

 
ピクサーは主演は別にして、脇役の場合は同じ声優さんが声質を少し変えて出演していることも多く、中村さんも今後出番が増えてくると思います。

 
きちんと実績を積んでいけば、女性の主役があった際には主演声優に抜擢される可能性も高そうですね!

映画「トイ・ストーリー4」ボニーの吹き替え声優が変わった理由は?

前作「トイ・ストーリー3」から観ている人はわかると思いますが、ボニーの声優は前作と今作で変更されています。

 
これは英語版・日本語吹き替え版共に変わっており、配役は前述の中村さん含めて下記の通りです。

 

作品英語版日本語
3エミリー・ハーン諸星すみれ
4マデリーン・マックグロウ中村優月

 
英語、日本語吹き替え共に変更になるケースは珍しくありません。

「トイ・ストーリー3」ボニー吹き替え声優は?

前作「トイ・ストーリー3」でボニー役を務めたのは、諸星すみれさんです(↓)


 
●諸星すみれ プロフィール

名前諸星すみれ

読み方もろほし すみれ
生年月日1999年4月23日
出身神奈川県足柄上郡大井町
身長151 cm
職業声優、女優
事務所劇団ひまわり
音楽レーベル
フライングドッグ

 
諸星さんは1999年4月23日生まれの声優・女優です。

 
「3」が公開された2010年7月10日時点で年齢は8歳でした。

 
ボニー役では、2011年に公開されたトイ・ストーリー短編映画「ハワイアン・バケーション」、「ニセものバズがやって来た」、「レックスはお風呂の王様」にも出演されています。

 
現在も非常に活躍をされている方であり、映画「アナと雪の女王」の少女期のアナを担当され、一躍有名になりましたね、

 
他にも数々の有名映画作品に出演をされており、例えば、

 
・塔の上のラプンツェル(2011年、ラプンツェル〈幼少期〉)
・プリンセスと魔法のキス(2010年、シャーロット〈幼少期〉)
・ポンポン ポロロ (2015年、ポロロ)
・シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年、ヴァネロペ・フォン・シュウィーツ)

 
などがあります。

 
声優以外にも、女優や歌手活動にも力を入れられており、今後も数多くの作品に出演をされると思います。

ボニー吹き替え声優が変わった理由は?

では、ボニーの声優が諸星すみれさんから、中村優月さんへ変わった理由について記載していきます。

 
これはボニーの年齢と合わせたからでしょう。

 
作中でのボニーは幼稚園の年長から小学校1年生であり、2019年で20歳となる諸星さんでは声質が変わってしまいます。

 
「3」から「4」まで映画公開ベースでは2010年→2019年と9年の歳月が経過していますが、物語の中では数年ほどしか経過していません。

 
ボニーは「3」では保育園でしたが、「4」では幼稚園に通うことになっていました。

 
子役にとっての9年は非常に大きく声質も大きく変わってしまうため、今回は中村さんが担当をされたのでしょう。

 
英語版でも声優が変わっているのも同じ理由だと思います。

 
ディズニーは世界観を変えないために基本は声優は同じ人が担う傾向にあり、今作でも戸田恵子さんが19年ぶりにボー・ピープを担っていますね。

 
ボニーに関しては決してネガティブな意味ではなく、ボニーの年齢に合わせるために同世代の中村さんが抜擢されたと思われます。

映画「トイ・ストーリー4」ボニー吹き替えの中村優月の経歴プロフィール

最後に「トイ・ストーリー4」でボニー役を担当した、中村優月さんの詳しい経歴やプロフィールを記載していきます。

 
●中村優月 プロフィール

名前中村 優月

読み方なかむら ゆづき
生年月日2012年8月22日
身長113.0cm(2019年)
趣味・特技ピアノ、空手
事務所テアトルアカデミー
音楽レーベル
フライングドッグ

 
中村さんは前述の通り、2017年にも映画「リメンバー」で吹き替え声優を担当をされています。

 
近年では子役女優としての活動も目立ってきており、2018年テレビドラマ「刑事7人」、2019年テレビドラマ「トレース~科捜研の男~」などに出演をされています。

 
2018年テレビドラマ「刑事7人」では、逢沢りなが演じる井上真由の幼少期を演じられていました。

 
年齢もまだ10歳にも満たないので役柄的にも出番は限られてしまいますが、これからどんどん活躍されていくことでしょう。

 
映画「トイ・ストーリー4」の声優といえば、最後の吹き替え声優のエンドクレジットにヒカキンの名前があったのをご存知ですか。

 
サプライズ出演に一体どこで吹き替えを担当されていたのか気になりますね。

 
ヒカキン吹き替え担当について詳しく知りたい人はこちらをどうぞ。

 

映画「トイ・ストーリー」シリーズを無料で視聴する方法があります。

気になる人はこちらをどうぞ。
トイ・ストーリーのフル動画を日本語吹き替えで無料視聴する方法は?dailymotionは危険?

まとめ

今回は、

 
●ボニーの吹き替え声優は誰?
 
●映画「トイ・ストーリー4」ボニーの吹き替え声優が変わった理由は?
 
●映画「トイ・ストーリー4」ボニー吹き替えの中村優月の経歴プロフィール

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう