2019年7月12日に公開された映画「トイ・ストーリー4」。

 
物語の最後では、ウッディがバズ達と別れて、ボー・ピープ達と共に"持ち主がいないおもちゃ"の道を選択しました。

 
最後にウッディが親友のバズ達と別れた理由は気になりますね。

 
今回は、映画「トイ・ストーリー4」でウッディが最後にバズと別れた理由について深掘りをしていきます。

映画「トイ・ストーリー4」ウッディは最後にバズと別れる

映画「トイ・ストーリー4」ウッディは最後にバズと別れ、ボー・ピープ達と新たな道を選択しました。

 
物語のラストでは、ジェシーやドーリーを中心にして、ボニーのキャンピングカーを遊園地の中央に止める事に成功します。

 
ウッディやバズ達は全ての作戦を終えており、残すはそのキャンピングカーに乗り込み、再び「ボニーのおもちゃ」としての生活を送るはずでした。

 
しかし、最後のウッディはバズ達と別れ(=ボニーのおもちゃではなくなる)、ボー・ピープ達と共に持ち主のいないおもちゃとして活動することを選びます。

 
中盤で背中のスピーカーはギャビー・ギャビーへ渡しており、最後には保安官バッチをジェシーに譲りました。

 
最後は親友のバズと抱き合い、みんなと別れてボー・ピープ達と共に新しい道を歩む事を決断しています。

 
今後は、持ち主はいないですが、移動遊園地に内緒で連れ添いながら、定期的に子供達と遊んでいくのでしょう。

 
ボー・ピープの移動式のスカンクの車があるため、旅をしながら楽しく過ごしていくと思われます。

 
他のメンバーでは、ダッキー&バニーも加わっており、非常に賑やかな雰囲気になるでしょう。

 
ただ、ウッディは前作「トイ・ストーリー3」でアンディと共に大学に行けるチャンスがありながら、バズ達と共に行動した経緯があります。

 
映画「トイ・ストーリー3」でウッディがバズ達と一緒に過ごすことを選んだ理由はこちら(↓)

 
仲間を何より大切しているウッディが、なぜ今回は別々の道を歩むことを決意したのでしょうか。

映画「トイ・ストーリー4」ウッディは最後にバズと別れた理由は?

ウッディがバズ達と別れて、ボー・ピープ達と共に過ごすことを選んだ理由が気になります。

 
現時点では、下記3つの理由からウッディはバズ達と別れたのだと思います。

 
・ボー・ピープと一緒に過ごしたい
・バズの後押しの一言があった
・ボニーから必要とされていない

 
それでは、各項目ごとに記載していきます。

ボー・ピープと一緒に過ごしたい

1つ目の理由は、「ボー・ピープと一緒に過ごしたい」からでしょう。

 
ウッディはシリーズ1、2の段階ですでにボー・ピープとは相思相愛の関係でした。

 
前作(シリーズ3)にボー・ピープが登場なかった理由は、作中にも描かれていましたが、アンディ家から他の家へ譲渡された経緯がありました。

 
おもちゃの運命ではありますが、ウッディは大好きなボー・ピープと別れたことをずっと忘れずにいたのでしょう。

 
「3」にもウッディとレックスがボー・ピープについて言及する下記のシーンがありました。

ウッディ「みんな、落ち着け。誰も捨てられたりなんてしない。

みんなまだここにいる。

それはまあ、いなくなった友達もいる。

ウィージーとか、スケッチとか」

レックス「ボー・ピープ?」

ウッディ「ああ・・そうそう・・・ボーも。

みんな新しい持ち主の家に行ったんだ。

でも、ヤードセールでも、大掃除でも、アンディは俺たちを手放さなかた。

大事にされてたから、俺たちはまだここにいるんだ。」

おそらくは今作へ向けての伏線だと思われます。

 
今作ではウッディはボー・ピープと奇跡的な再会をして、このチャンスを逃しては一生、会う機会はないと思ったのでしょう。

 
好きな人(おもちゃ)と一緒にいたいという、ウッディの純粋な気持ちが決断させたのだと思います。

バズの後押しの一言があった

2つ目は、「バズの後押しの一言があった」からでしょう。

 
ウッディは当初、バズ達と一緒にボニーのキャンピングカーに乗るつもりでした。

 
しかし、ウッディの足取りを見たバズが様子が変と察して、「心の声に従うべき」旨をウッディに伝えます。

 
その言葉の後にウッディはボー・ピープと一緒に過ごすことを決断します。

 
ウッディは非常に責任感があるおもちゃであり、持ち主への忠誠心を非常に大切にしています。

 
今作でも他のおもちゃがアンテークショップからフォーキーの救出を諦めたとき、ウッディだけは諦めずに救い出そうとしていました。

 
バズ達との別れは決して簡単な選択ではなかったと思いますし、これまでリーダーとしてまとめ役を担ってきた責任感からギリギリまで悩んでいたのでしょう。

 
そんな時に、親友のバズから「心の声に従うべき」という言葉を受け、素直にボー・ピープの元へ向かったのだと思います。

 
これが親友のバズ以外からであれば、ウッディはリーダーとしての責任感からそのままボニーのキャンピングカーに乗っていたのではないでしょうか。

 
長年の相棒であるバズから言葉だからこそ、ウッディも気持ちが楽になり、自分のために人生を歩むもうと決心したと思われます。

ボニーから必要とされていない

3つ目は、「ボニーから必要とされていない」からでしょう。

 
ウッディはボニーからは全く必要とされていなくはないですが、物語の序盤にもあるように、だんだんと遊ばれる機会が少なくなっていました。

 
今作ではフォーキーというキャラクターも登場しており、ボニーが常に「フォーキーはどこ?」と探すほど好きなおもちゃです。

 
ボニーの中でのウッディの位置付けは下がっており、以前ほどは必要とされていません。

 
このような状況を客観的に見ると、ウッディとしては"ボー・ピープと一緒になれる時間を優先してもいいのでは"と思っても不思議ではありません。

 
これがもし、ボニーがウッディを肌身離さず持っていたら(=大のお気に入りのままだったら)、話は別だったでしょう。

 
しかし、ボニーの中でウッディはどうしても必要なおもちゃでなくなっており、ウッディもそれならば離れても良いだろうと考えたのだと思います。

映画「トイ・ストーリー4」ウッディはボニーが嫌いで離れた?

ただ、ウッディがボニーを嫌いになったわけではないでしょう。

 
ウッディとしては、

 
・ボニーのおもちゃとしてバズ達と過ごす
・持ち主なきおもちゃとしてボー・ピープ達と過ごす

 
と、究極の2択を迫られています。

 
ただ、ここで前者を選んだとしても、自宅でボニーがウッディを使って積極的に遊ぶ可能性は低く、おもちゃとしての機能を果たせなくなってしまう危惧があったのでしょう。

 
その点、ボー・ピープと一緒にいけば、移動式遊園地で遊んでもらえる可能性もあり、何よりボー・ピープと一緒の時間を過ごすことができます。

 
ボニーにはフォーキーというお気に入りおもちゃもできており、ウッディとしては自分の役目が終わったと考えたのでしょう。

 
ボニーのことが嫌いであれば、あそこまでフォーキーの救出に執着はしなかったと思います。

 
ただ、最後はボニーのおもちゃとしての役割が薄くなっている自分の人生を考えた時に、これからは大好きなボー・ピープと一緒にいてもいいのではと考えたのでしょう。

 
ウッディとバズの最後のセリフは覚えていますでしょうか。

 
バズの決め台詞でもある「無限の彼方へ さあ行くぞ」でしたね。

 
なぜこのセリフが使われたのか。意味や理由を知りたい人はこちらどうぞ。

 
他にも、作中ではボニーのウッディへの扱いが酷くなっており、「裏切られた」「ショック」という気持ちから駄作と言う人も少なくありません。

 
映画の評価や感想についてもっと知りたい人はこちらをどうぞ。

 

映画「トイ・ストーリー」シリーズを無料で視聴する方法があります。

気になる人はこちらをどうぞ。
トイ・ストーリーのフル動画を日本語吹き替えで無料視聴する方法は?dailymotionは危険?

まとめ

今回は、

 
●映画「トイ・ストーリー4」ウッディは最後にバズと別れる
 
●映画「トイ・ストーリー4」ウッディは最後にバズと別れた理由は?
 
●映画「トイ・ストーリー4」ウッディはボニーが嫌いで離れた?

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう