2019年7月12日に公開された映画「トイ・ストーリー4」。

 
物語ではウッディが入ったアンティークショップで怖い人形がいくつか登場しますね。

 
どんな人形だったか覚えていますでしょうか。

 
今回は、映画「トイ・ストーリー4」に登場した怖い人形について深掘りしていきます。

映画「トイ・ストーリー4」怖い人形とは?

映画「トイ・ストーリー4」ではウッディが紛れ込んだアンティークショップに怖い人形が登場しますね。

 
怖い人形の名前は、女の子がギャビー・ギャビー、紳士がベンソン。

 
印象的なキャラクターなだけでなく、物語でもキーパーソンになるおもちゃでしたね。

 
以下、各キャラクターの特徴について記載していきます。

ギャビー・ギャビー

女の子の人形、ギャビー・ギャビーはアンティークショップの商品です。

 
ウッディと同じく背中の紐を引っ張るとスピーカーで自動音声が流れるおもちゃですが、年式が古く故障しているため、使用できません。

 
本作ではウッディのスピーカーの部品を狙っており、作中ではフォーキーを捕えて、交換取引を持ちかけてきます。

 
途中までは悪役の描写で描かれていますが、ギャビーはこれまで一度も持ち主に愛されたことがなく、きちんとした自動音声で子供と遊ぶことを夢見ているおもちゃです。

 
アンティークショップの店主の孫・ハーモニーのおもちゃになることをずっと望んでおり、ウッディから譲り受けたスピーカーを自身に取り付けて、2人で遊ぶことを楽しみしていました。

 
女の子の可愛い人形ですが、登場した当初は感情を抑えて抑揚なく話しており、ちょっと不気味な感じがしましたね、

 
人形のため表情に限りがあり、ウッディの背中のスピーカーを狙い、追いかけるシーンが怖かったです・・・。

 
最初はウッディの敵として描写されていることもあり、恐怖の人形として演出をしていたのでしょう。

 
声優は、英語版はクリスティーナ・ヘンドリックス、日本語吹き替えは新木優子さんが担当をされていました。

ベンソン

ギャビー・ギャビーの右腕の紳士の人形は、ベンソンといいます。

 
ベンソンは人形名ですが、複数(3〜4体)にいることがわかりましたね。

 
英語版では「The Bensons」と複数形の表記になっています。

 
ベンソンは腹話術の人形であるため、作中ではほとんどセリフがありません。

 
ギロッとした人形特有の表情をしながら、ドタドタと歩きながらウッディ達に襲いかかるため、かなり怖いです。

 
ギャビー・ギャビーの場合は女の子と声での演出がありますが、ベンソンはヒゲの生えた紳士でほぼセリフが少ないため、不気味さに拍車がかかっています。

 
声優は、英語版はスティーヴ・パーセル、日本語吹き替えは堀総士郎さんが担当をされていました。

 
ベンソンの不気味さに怖さを感じた人は多く、実際に鑑賞した人は下記の感想を述べていました(↓)

 
本当に泣き出してしまった子供もいたようで、ピクサーとしては狙い通り(?)の出来かもしれません。

映画「トイ・ストーリー4」ギャビー・ギャビーのモデルと正体は?

映画「トイ・ストーリー4」のギャビー・ギャビーについて詳しく記載していきます。

 
ギャビー・ギャビーにはモデルはいるのかと調べましたが、完全にディズニーのオリジナルキャラクターです。

 
容姿は目の雰囲気はフランス人形みたいですが、作品の舞台はアメリカであるため、可能性は低いですね。

 
ギャビー・ギャビーはスピーカーの破損によりアンティークの時代が長く、"持ち物"となり子供から愛された経験がありません。

 
先ほども記載しましたが、最終的にウッディの背中のスピーカーの部品とフォーキーを交換するという、強引な手法でスピーカーを手に入れ、修理を図ります。

 
ちなみに、修理をしたのはベンソンでした。

 
スピーカーが起動できるようなり、憧れだったハーモニー(アンティークショップ店主の孫)の前で、

 
「友達になりましょ!」

 
と、音声を出すも、「いらない」とダンボールに投げらてしまいます。

 
ハーモニーのおもちゃになれなかったことで、大変ショックを受けてしまい、そのままウッディ達とアンティークショップから抜け出します。

 
道中では順調に遊園地内を進んでいましたが、ギャビー・ギャビーは途中で迷子で泣きじゃくる女の子を見つけ、その子を元気づけようと"持ち物"になることを決意します。

 
ウッディ達の協力もあり、ギリギリまで近づき、最後は音声を出して気づいてもらうことに成功します。

 
迷子の女の子はギャビー・ギャビーのことを気に入った様子であり、そのまま抱きかかえて両親と再開するのでした。

 
ギャビー・ギャビーは物語の当初はウッディのスピーカーを狙うヴィラン(悪役)の側面が強かったですが、実は子供から愛されたいという純粋な気持ちを秘めたおもちゃでした。

 
ハーモニーから拒絶された時はかなりショックな展開でしたが、結果的に遊園地の女の子が気に入ったことで、晴れて子供のおもちゃとしての活動をスタートさせます。

 
映画では女の子がギャビー・ギャビーを拾って笑顔になり、そのまま両親と再開して出演が終わりになります。

映画「トイ・ストーリー4」ベンソンのモデルと正体は?

映画「トイ・ストーリー4」に登場するベンソンについて詳しく記載していきます。

 
まず、ベンソンのモデルですが、公式発表はないものの、かつてのアメリカ映画に登場した人形とそっくりという声がありました。

 
1978年9月公開の映画「サスペリアPART2」に登場する人形(↓)を連想させる人がいました。

 
2008年3月公開の映画「デッド・サイレンス」に登場する人形(↓)に似ているという人もいます。

 
他にも、2017年11月公開の映画「グースバンプス モンスターと秘密の書」に登場する、スラッピー人形連想させている人もいます(↓)

 
上記の3つの人形は顔立ちの雰囲気が似ていますね。

 
全ての人形にいえることは、気味が悪い・怖い、ということです・・・。

 
ディズニーからは正式はモデルの発表はないですが、少しはベンソンをつくるにあたり参考にされているのではないでしょうか。

 
作中ではギャビー・ギャビーの右腕として忠実に指示を聞いていますが、最後はアンティークショップに残っています。

 
ベンソンは腹話術の人形であるため、子供ではなく、大人に購入してもらいたかったのではないでしょうか。

 
また、ベンソンがギャビー・ギャビーのためにウッディのスピーカーを一生懸命狙ったのは、彼女の想いを十分に理解していたからでしょう。

 
ウッディ以外の脇役のおもちゃでは、イーグル・トイというおもちゃも新登場しています。

 
出番は一瞬でしたが、日本語吹き替えを担当されたのが人気youtuberのヒカキンさんです!

 
ヒカキンさんが吹き替え声優を担当したイーグル・トイについて知りたい人がこちら

映画「トイ・ストーリー」シリーズを無料で視聴する方法があります。

気になる人はこちらをどうぞ。
トイ・ストーリーのフル動画を日本語吹き替えで無料視聴する方法は?dailymotionは危険?

まとめ

今回は、

 
●映画「トイ・ストーリー4」怖い人形とは?
 
●映画「トイ・ストーリー4」ギャビー・ギャビーのモデルと正体は?
 
●映画「トイ・ストーリー4」ベンソンのモデルと正体は?

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう