2019年5月31日に映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」が公開されました。

 
前回の2014年版ゴジラに引き続き、芹沢猪四郎こと芹沢博士も登場しています。

 
演じるは前作同様に渡辺謙さん。

 
今作ではどんな結末を迎えるのか、ネタバレを記載していきます。

映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」渡辺謙(芹沢博士)の結末をネタバレ!

渡辺謙は芹沢猪四郎を熱演

映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」では、渡辺謙さんは、前作「ゴジラ」(2014年)に引き続き、芹沢猪四郎博士を演じています。

 
なぜハリウッド版のゴジラに日本人が器用されたのか。

 
それは、昭和29年に公開された第1作目の映画「ゴジラ」に、芹沢大助という博士(科学者)という役がおり、それをモチーフにしています。

 
今作でも前作に続いて、研究機関MONARCH(モナーク)に所属する生物学者です。

 
知識が豊富であり、モナーク内ではもちろんですが、国からの審問会に出席するなどこの分野の第一人者です。

 
キャラクラーについては下記をご覧ください。
 

芹沢博士
研究機関MONARCH(モナーク)に所属する生物学者。

放射線が生物に与える影響について研究してゴジラやMUTOの存在も認知していた。

父親を広島への原爆投下により失っており(後述する漫画版の展開から、直接の被爆により死亡したわけではなく、後遺症が原因であることが判明)

米軍がゴジラとMUTOを掃討するために核ミサイルを使用することを決断した際には強く反対した。

渡辺謙(芹沢博士)の結末をネタバレ

ここからは、映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」の渡辺謙さん演じる芹沢博士の結末を記載します。

 
ネタバレになりますので、映画で楽しみたい人はご注意ください。

 
今作でも芹沢博士はゴジラをはじめ各怪獣に対して、豊富な知識や見識を示し、モナークを支えます。

 
ハイライトは物語の中盤。

 
復活したキンドギドラに深手を負わされたゴジラが、地中海の住処で放射能を浴びているシーンです。

 
ゴジラの治療には放射能が効果的だそうで、ゴジラは地底海で自然発生している放射能を浴びていました。

 
しかし、傷が深すぎるため、完全回復には2〜3年かかるとのこと。

 
復活を待っていては、地上で暴れるキングギドラを止める手段がなくなるため、ゴジラを復活させる方法を模索します。

 
そんな時、芹沢博士がモナークが所持しているオキシジェン・デストロイヤーを解放して人工的に放射能を浴びせにかかります。

 
その量の放射能を人間が浴びると人体の細胞が破壊され、死亡してしまいます。

 
それでも、芹沢博士は自ら立候補して、ゴジラの元へ向かいオキシジェン・デストロイヤーでゴジラに放射能を浴びせます。

 
自らの命と引き換えにして、ゴジラを死の淵から蘇らせたのです。

 
最後はゴジラに触れながら、

 
「さらば、友よ」

 
と語ります。

 
これは日本語で語られており、日本人としての芹沢が最後にいう言葉でもありました。

映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」渡辺謙(芹沢博士)の死亡の意味はオマージュ?

今作での芹沢博士の死は、過去作へのオマージュとなっています。

 
作中のオキシジェン・デストロイヤーとは、ゴジラ第1作でゴジラを倒した水中酸素破壊剤「オキシジェンデストロイヤー」として登場しています。

 
後にも先にも、ゴジラを唯一、抹殺することに成功した兵器でもあります。

 
そして、第1作で水中酸素破壊剤「オキシジェンデストロイヤー」を使用してゴジラを倒したのが、芹沢大助博士(↓)なのです。

 


 
第1作では、ゴジラは人類の芹沢博士たちによる度重なる水爆実験により目を覚ましたものという位置付けあり、最後は自らが責任をとり、ゴジラを退治します。

 
今作では、それが逆転します。

 
ゴジラを倒すのではなく、ゴジラを救うためにオキシジェン・デストロイヤーを活用するのです。

 
これまでゴジラシリーズは芹沢博士やオキシジェン・デストロイヤーの存在は聖域と言っても過言ではありませんでした。

 
しかし、今作はその聖域を打ち壊したと思われます。

 
今作の芹沢博士はゴジラの命を奪うことを望んではいません。

 
ゴジラに対して理解があり、同じ地球に生きる生物として共存を考えていました。

 
過去作では、人間の過ちにより生み出されたゴジラを抹殺しましたが、今作では復活を手助けしており、ゴジラの作中での立ち位置や芹沢博士の本心を見事に演出したシーンでした。

渡辺謙(芹沢博士)の後継者は小栗旬?

今作で渡辺謙さん演じる芹沢博士は死んでしまいます。

 
続編にあたる2020年の「ゴジラvsキングコングでは、小栗旬さんの出演が決まっており、芹沢の後継者になるのかもしれません。

 
もちろん、まだ配役の発表はされておらず、これからになります。
 

アダム・ウィンガードが監督する『ゴジラVSコング』(邦題未定、原題:『GODZILLA VS. KONG』)に小栗旬が出演、ハリウッドデビューを果たすことが判明した。

ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズ、東宝が提携し、2014年の『GODZILLA ゴジラ』より展開してきた、ハリウッド版『ゴジラ』シリーズと『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)がクロスオーバーする「モンスター・ヴァース」シリーズ。

本作はその第4作目にあたり、ゴジラとキングコングの戦いが描かれる。

人気のゴジラシリーズを無料視聴する方法

今回の映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」はアメリカで「モンスターバース」と呼ばれており、下記4作品が同じ世界で時系列で並んでいます。

 
・『ゴジラ』(2014年)
・『キングコング:髑髏島の巨神』(2017年)
・『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019年)※今作
・『ゴジラvsキングコング』(2020年)※公開予定

 
上記の中で『ゴジラ』『キングコング:髑髏島の巨神』をもう一度みたい人、視聴していない人は、動画配信サービスのU-NEXTで視聴が可能です!

 
U-NEXTは月額1,990円のサービスですが、現在は登録後の31日間は無料トライアルの期間を設けています。

 
他にも無料でポイントが600円分ついてくるため、それを活用すれば実質無料で視聴できます。

 
無料期間に解約した場合でも、料金が一切発生しないのも嬉しいです!

 
他にも、日本で製作された『シン・ゴジラ』や過去のゴジラ作品も視聴できます。(これらはポイントなしで登録すれば視聴可能です)

 
U-NEXTは現在、現在は登録後の31日間は無料トライアルの期間であり、かなりお得です。

 
気になる人は今がチャンスだと思うので、一気にゴジラシリーズを堪能するのはいいですね!

 
U-NEXTの公式ホームページはこちら

 
また、登録方法と解約情報については下記に詳しくまとめています。

まとめ

今回は、

 
●映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」渡辺謙(芹沢博士)の結末をネタバレ!
 
●映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」渡辺謙(芹沢博士)の死亡の意味はオマージュ?
 
●渡辺謙(芹沢博士)の後継者は小栗旬?

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう