映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の吹き替えの評価を深掘りします。吹き替えがひどい、主演の田中圭の声が合わないという意見が多いため、調べてみました。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』吹き替えの評価・感想

はじめに、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の吹き替えの評価・感想をまとめました。インターネット上では、高評価の意見、批判的な意見を述べる人が半分半分でした。

高評価では、マディソン・ラッセルの吹き替えの芦田愛菜を絶賛する声が多かったです。


芦田愛菜はミニオンで有名な「怪盗グルーシリーズ」のアグネス役を担当し、2010年から合計3作品に出演しています。吹き替えではないですが、映画『怪獣の子供』や『ポケットモンスター みんなの物語』など、アニメ映画の声優も数多く経験しています。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の公開当時、芦田愛菜の年齢は15歳でしたが、違和感なく吹き替えはできているのは、スキルに加えてキャリアの長さや経験が多いからではないでしょうか。

一方で、マーク・ラッセルの吹き替えの田中圭、エマ・ラッセルの吹き替えの木村佳乃には、やや厳しい意見がありました。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』吹き替えがひどい?

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の吹き替えがひどいという声があります。ここでは、具体的に何が「ひどい」かを解説します。

「ひどい」の理由の多くが、役者と吹き替えのミスマッチを指摘していました。吹き替えの俳優の声質やスキルがないというものではなく、役柄と声がマッチしていないとのこと。

映画サイトので「吹き替えは違和感」とレビューする人が多かったです、

違和感の理由

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の吹き替えに違和感がある理由は、役者と本人の声がマッッチしていない点に限るでしょう。

詳細は次の項目に記載しますが、マーク・ラッセルを演じたカイル・チャンドラーと吹き替え担当の田中圭は、年齢が大きく離れています。そのため、カイル・チャンドラーの渋い雰囲気や、ゴジラを前に逼迫した空気感を予想したファンは、田中圭の30代前半の声に拍子抜けした可能性があります。

エマ・ラッセルを演じたヴェラ・ファーミガの吹き替えは木村佳乃が担当しています。木村佳乃は少し高めで元気があるタイプの声であるため、ゴジラの緊迫ある吹き替えでは違和感があるという声がありました。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』田中圭の吹き替えは合わない?

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の田中圭の吹き替えの評価は、インターネッネット上で満足した7〜8割、ミスキャスト・違和感を感じした人が2〜3割の印象です。

吹き替えについては一定の賛否がありますが、田中圭が配役されたことで10代〜30代女性へのPRとなるため、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を鑑賞する人も増えたことでしょう。

俳優が声優を務めることに批判的な声はありますが、映画が興行であることを考慮すれば、鑑賞者を増やすための話題作りやPRが非常に大切です。

田中圭の吹き替えについては、大多数の人は問題なしと考えているため、一部の鑑賞者が過敏に反応していると考えて良さそうです。

声が若すぎる

田中圭がカイル・チャンドラーの声と合わない1つ目の理由は、声が若すぎる点です。

1965年生まれのカイル・チャンドラーに対し、田中圭は1984年生まれと、年齢が19歳も離れています。映画が制作された時の年齢は、田中圭が34歳、カイル・チャンドラーが53歳。

男性は年齢を重ねると高い声が出にくくなるため、吹き替えで違和感を感じる人がいてもやむを得ないでしょう。

通常の会話で吹き替えをしている点では違和感を感じませんでしたが、

・大声で叫ぶなど腹から声を出すシーン
・悲鳴や驚きの声をあげるシーン

これらの2つのシーンで若干の違和感を感じた人も少なくないと思います。田中圭はやや高い声質であるため、叫ぶシーンはさらに声が高くなるのが普通です。

年齢の差は決定的であり、技術的な部分を超えて、そもそも無理がある配役と考えて良いでしょう。

田中圭もインタビューで下記コメントを残しています。

今作が吹替初挑戦の田中は「もちろん技術的にも大変だったんですけど」といい「年齢の差が、これは大丈夫なのかなと思っていた」と悩みを打ち明けた。

本人も、年齢が明らかに下であるため、50代の声をどのように出して良いのか悩まれていたのかもしれません。

キャスティングは本人の意思ではなく、スポンヤーや事務所の絡みもあるため、キャスティングした側に問題がある!という怒りの声もありました。

経験が少ない

田中圭がカイル・チャンドラーの声と合わない2つ目の理由は、経験が少ないというです。

田中圭は『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』で吹き替え初挑戦であり、舞台挨拶で下記のように話しています。

「アフレコも、ほかの方の声はまだ入ってなくて、(渡辺)謙さんの声だけが入っていて格が違うなあと思いましたし、これ僕で良いんですか?って聞きましたね」と振り返った。

それでも「お父さんとしての想いをマークにぶつけてくださいと言われたので、根性論でやりました」と最後は気合いでこなしたことを話した。

初挑戦でありながら、吹き替えではトップバッターだったようです。

他の人の声が入っていない中でかなり苦戦したと思われますが、初挑戦を考えれば、酷評されるような出来ではないでしょう。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』吹き替え声優の一覧

最後に、>『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』吹き替え声優の一覧を記載します。

役名演者吹き替え
マーク・ラッセルカイル・チャンドラー田中圭
エマ・ラッセルヴェラ・ファーミガ木村佳乃
マディソン・ラッセルミリー・ボビー・ブラウン芦田愛菜
芹沢猪四郎渡辺謙渡辺謙
アイリーン・チェン
リン・チェン
チャン・ツィイー甲斐田裕子
リック・スタントンブラッドリー・ウィットフォード安原義人
ヴィヴィアン・グレアムサリー・ホーキンス、高橋理恵子
サム・コールマントーマス・ミドルディッチ小林親弘
ヒューストン・ブルックスジョー・モートン高岡瓶々
アラン・ジョナチャールズ・ダンス土師孝也
ウィリアム・ステンツデヴィッド・ストラザーン佐々木勝彦

まとめ

今回は、

●『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』吹き替えの評価・感想

●『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』吹き替えがひどい?

●『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』田中圭の吹き替えは合わない?

●『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』吹き替え声優の一覧

これらについてまとめました。
映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』については、下記の記事も記載しています!!

Twitterでフォローしよう