2019年6月14日に公開したメンインブラック4こと、映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」。

 
今作では過去3作品と同じ世界線ながら、キャストが一新されたスピンオフ兼続編の作品です。

 
作中では、新キャラクターとして、エージェントHの元恋人で銀河武器商人のリザ・スタヴロスが登場します。

 
一体、どんな人が演じているのでしょうか。

 
今回は、映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」のリザ役の女性について深掘りをしていきます。

映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」エージェントHの元恋人・リザの正体は?

映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」に登場するリザ・スタヴロスの正体について記載していきます。

 
リザは、エージェントHの元恋人であり、銀河武器商人を務めています。

 
イタリアのイスキア島全土を要塞としており、かなり儲かっていてやり手であることがわかります。

 
ヴァンガスが持ち込んだ宇宙最強の武器を他の者に売却をしようとしていましたね。

 
リザは首元から三本目の腕を出すことができるため、エイリアンであることは間違いありません。

 
髪型や服装からクレオパトラのような容姿をしています。

 
作中ではテッサ・トンプソン演じるエージェントMと戦って負けてはしまうものの、なかなかの腕前をみせています。

 
リザは公開前の段階から、「重要な鍵を握るキャラクター」や「a plum role(おいしい役)」と紹介をされており、キーマンの一人であることは予想できていました。

 
ただ、公開前の告知文でも、下記の内容しか書かれておらず、どんな人物かは映画を鑑賞してのお楽しみでしたね。

 

解禁された予告映像では、何にでも変身する厄介な進化を遂げたエイリアンや、誰が敵か味方かもわからない何十人ものエージェント、3本目の腕を持つクレオパトラのような美女など常識外れの新キャラ・エイリアンたちに立ちむかう

 
最終的にエージェントの2人に宇宙最強の武器を奪われていましたが、特段ダメージを受けた訳でもなく、次回作があれば登場してもおかしくないですね。

 
ハードなアクションに加えて、神秘的な雰囲気が非常に独特であり、出演シーンが少なかったのが残念でした。

映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」リザ役の女優は誰?

映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」リザ役を演じる女優は、レベッカ・ファーガソンです。

 
レベッカ・ファーガソンはスウェーデン・ストックホルム出身のハリウッド女優です(↓)

 

 
レベッカ・ファーガソンといえば、トム・クルーズの主演映画「ミッション:インポッシブル」シリーズの下記2作へ出演を果たし、日本でも有名になりました。

 
役柄は、ヒロインのイルサ・ファウストでした。

 
・2015年:ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
・2018年:ミッション:インポッシブル/フォールアウト

 
トム・クルーズがレベッカ・ファーガソンの演技への姿勢をかなり評価をしており、2018年の「フォールアウト」への出演も繋がったとされています。

 
レベッカ・ファーガソンはトム・クルーズ同様に撮影中はスタントなしで望んでおり、2015年の「ローグ・ネイション」では激しいバイクシーンも自らこなしていたそうです。

 
他にも、トム・クルーズが走るなら、それ以上に速く走ると意気込んでいたそうです。

 
撮影前に壮絶なトレーニングを積んで完璧な演技をしたことが高く評価され、2作品目もヒロインに抜てきされています。

映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」リザ役のレベッカ・ファーガソンの経歴プロフィール

プロフィールまとめ

レベッカ・ファーガソンの詳しい経歴やプロフィールについて記載していきます。

 
まずは簡単なプロフィールをどうぞ(↓)

本名レベッカ・ルイザ・ファーガソン・サンドストローム
英語Rebecca Ferguson
性別女性
出身スウェーデン・ストックホルム
生年月日1983年10月19日
身長170cm
職業女優
活動1999年〜

 
父親はスウェーデン人、母親はイギリス人。

 
幼い頃からバレエやダンスなどを習い、13歳からモデルで務めてから、キャリアをスタートされています。

 
1999年に5歳のころにスウェーデンのドラマに出演して女優デビューを果たしています。

 
プライベートでは、レベッカ・ファーガソンは昔から交際をしていた男性がおり、2007年に息子のアイザックくんを出産。

 
しかし、2015年にその男性と破局をしており、現在は結婚はされていません。

 
2018年1月には妊娠を発表しており、同年7月に出産を果たしています。

過去の出演作品

大きな転機を迎えたのは、2013年にイギリスのホワイトクイーンというドラマで主演を務めたことが転機となります(↓)

 
この作品で、第71回ゴールデングローブ賞ミニシリーズ・テレビ映画演技賞の主演女優賞にノミネートされました。

 

 
2014年にはドウェイン・ジョンソン主演の映画『ヘラクレス』にユージニア役で出演します(↓)

 

 
2015年には前述の通り、アクションもこなせる女優として、映画「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」に出演を果たし、一躍有名になりました(↓)

 

 
2017年には映画「グレイテスト・ショーマン」に出演を果たします。

 
2018年に日本でも公開され、興行収入52億円を記録する大ヒット作品となりました。

 
レベッカ・ファーガソンは、作中ではスウェーデンのオペラ歌手・ジェニー・リンド役を演じています(↓)

 

 
2018年には前述の通り、映画「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」に出演。

 
今後の活動では、スティーブン・キングの続編小説を映画化する「ドクター・スリープ(原題)/ Doctor Sleep」(2020年1月全米公開予定)への出演が決まっています。

 
この作品では、悪役となるローズ・ザ・ハットを演じると報道をされています。

まとめ

今回は、

 
●映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」腕3本のクレオパトラが凄いと話題
 
●映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」リザ役の女優は誰?
 
●映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」リザ役のレベッカ・ファーガソンの経歴プロフィール

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう