2019年6月14日に公開されたメンインブラック4こと、映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」。

 
今作では過去3作品と同じ世界線で描かれながらも、登場人物がほぼ一新されてますね。

 
敵のエイリアンでは黒人の双子のエイリアンが登場します。

 
演じているそれぞれの役者について詳しく知りたいですね。

 
今回は、映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」黒人で双子のエイリアン役の2人の俳優について深掘りをしていきます

映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」黒人コンビのエイリアン役の正体は?

映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」では、主人公のエージェントH、エージェントMと追い詰めるエイリアンが多数登場します。

 
中でも、黒人で顔がそっくりな2人のエイリアンが厄介な敵として描かれています。

 
演じている俳優2人はそっくりな容姿にそっくりな体型、まるで双子のようです。(詳細は後述)

 
その上、高身長で髪型もおしゃれ、顔もイケメン。

 
キャラクターとしては、圧倒的なスピードと巧みなコンビネーションで相手を翻弄するだけでなく、他にも両目からレーザーを放つなど、飛び道具も持ち合わせています。

 
今作では、モロッコのマケラシュにいた男性を遅い、その容姿をベースに双子のようなエイリアンが完成した設定です。

 
中身はエイリアンで、外側だけ人間ということになります。

 
マケラシュにいた男性もキャスティングは同じでしょう。

 
作中ではかなり強い存在として描写されており、

 
・スペースガンが効かない
・地面を動かすなど重量系の技もある
・瞬間移動ができる

 
このような特徴がありました。

 
双子エイリアンは、ヴァンガスが持つ宇宙最強の武器を狙っており、ヴァンガスを守ろうとするエージェントHとMと対戦をしています。

 
ただ、物語の最後で明らかになりますが、双子エイリアンの目的は宇宙最強の武器を手にして、ハイヴを倒すことでした。

 
結果的にハイヴに身体を乗っ取られたハイTに殺されてしまいますが、彼らの目的もハイヴから宇宙を救うことであり、目的はエージェントと同じでした。

 
作中では描かれていませんが、ヴァンガスがいるジャバミアと双子エイリアンの惑星は敵対関係にあり、力づくで奪おうとしたのでしょう。

映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」黒人コンビのエイリアン役の俳優は誰?

映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」に登場する、エイリアン役の黒人2人は双子のダンスデュオ「レ・ツインズ」です。

 
「レ・ツインズ」は、ラリー・ブルジョア、ロラン・ブルジョアの実の双子コンビです。

 
一卵性双生児のため、顔も体型もそっくりですが、髪が長めのドレットヘアがロラン、短めの方がラリーになります。

 
2人の出身はアメリカではなくフランスで、パリ北郊外のサルセルで生まれています。

 
今作では舞台がアメリカではなくヨーロッパであり、公式ポスターにはフランスの名所である凱旋門やエッフェル塔が描かれているほどです。

 
彼らに2人のお陰で、フランスへもきちんとPRができますね。

 
「レ・ツインズ」の本職は俳優ではなくダンサーです。

 
現在の身長は2人とも190cmを超えており、メン・イン・ブラックを見たい後は、"とにかく大きくて、とにかく速い!"と誰でも驚くのではないでしょうか。

 
ダンスの世界では数々の賞を受賞しており、現在、世界的に注目されている2人です。

 
2011年度のJUSTE DEBOUT HIP HOP部門で優勝し、マイケル・ジャクソン:ザ・イモータル・ワールドツアー(2011年)、ビヨンセのPVとツアーにも出演も果たすほどの実力者。

 
ヒップホップダンス界での超実力派として大ブレイクしています。

 
そこアイコン性の高さから、BEAMS、NEW ERA、H&Mといったファッションブランドとのコラボレーションも多数行っており、今作の俳優業も含めて幅広く活躍をしています。

映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」に出演のレ・ツインズの経歴は?

双子のダンスデュオ「レ・ツインズ」の経歴プロフィールについて詳しく記載していきます。

 
まずは簡単なプロフィールをどうぞ。

名称レ・ツインズ
英語Les Twins
メンバーラリー・ブルジョア
メンバーロラン・ブルジョア
生年月日1988年12月6日(双子)
職業ダンスユニット
ジャンルストリートダンス

 
ダンスデュオ「レ・ツインズ」、ラリー・ブルジョアとロラン・ブルジョア。

 
彼ら2人は一卵性双生児の双子になり、1988年12月6日にパリ北郊外のサルセルで生まれました。

 
双子ですが、兄がロラン(Laurent)、弟がラリー(Larry)です。

 
2人とも両腕にタトゥーが入っており、左腕は兄ロラン、右腕は弟ラリーのようです。

 
シングルマザーの家庭に18人兄弟(内9人がダンサー)の末っ子として生まれ2人は、裕福な暮らしではなく、、稼ぐためにストリートダンスを始めたそうです。

 
幼少期からマイケル・ジャクソンの影響を受けており、フランスのストリートダンスチームである「クリミナルズ・クルー」に所属。

 
2008年にフランスのテレビ局の人気番組「Incroyable Talent 2008」で準優勝をして、注目を浴びます。

 
大きな転機は2011年開催の「JUSTE DEBOUT HIP HOP部門」で優勝を果たしたことでしょう。

 
その動画をyoutubeへ投稿したことで、世界的トップアーティストの目に留まりました。

 
受賞歴と出演作品をまとめると下記になります。

主な受賞歴
2008年 M6(フランステレビ局)「Incroyable Talent 2008」準優勝
2008年 「Juste Debout」世界最大の2on2ダンスバトルイベント 準優勝
2010年 「Battle of the Stylz」 優勝
2011年 「Juste Debout」HipHop 日本予選大会優勝
2011年 「Juste Debout」 優勝
2011年 「Dance@Live」 西日本大会決勝 兄弟対決でLaurentが優勝

主な活動歴
2010年 「マイケル・ジャクソン トリビュートイベント(パリ、ゼニス)出演
2011年 シルク・ド・ソレイユ マイケル・ジャクソン「ザ・イモータル・ワールド・ツアー」出演、ビヨンセ「Run the world」PV出演
2011年 「ビルボード・ミュージック・アワード2011」 出演 (ビヨンセのダンサーとして)
2011年 「グラストンベリー(Glastonbury)フェスティバル 2011」出演(同上)
2014年 Jay-Z(ジェイ・Z)「On the Run Tour(オン・ザ・ラン・ツアー)」参加

かなり豪華な経歴の持ち主です。

 
彼ら2人は憧れの存在として、マイケル・ジャクソンをあげていますが、マイケルは「メン・イン・ブラック2」にカメオ出演をしています。

 
今作の「メン・イン・ブラック:インターナショナル」で、作品こそ違うものの、憧れの人物同じ舞台に立つことができています。

 
ワールドプレミアでは、下記のコメントを残しており、かなり出演が嬉しかったようですね。

 

HとMの前に立ちはだかるエイリアンを演じた双子ダンサー、レ・ツインズのラリー・ブルジョアは「(自分たちが演じたのは)ものすごくセクシーなエイリアンだよ。

完成した映画を観たときは大画面の前で言葉も出なかった。この瞬間を待っていたんだ、ありがとう!」とご満悦。

ロラン・ブルジョアも「役に入り込むあまり、自分たちにもスーパーパワーがあると思い込んだよ」と興奮を隠さない。

レ・ツインズは過去にEテレ「テレビでフランス語」に出演

レ・ツインズは日本での仕事も積極的に行っています。

 
ダンスプログラムやトークバラエティに出演しています。

 
他にも、2015年にはNHK Eテレ「テレビでフランス語」のレギュラーとして、「使えるひとこと表現」をフランスからダンスで教える人気コーナーを担当していました。

 
ここでは、、動詞を活用形ラップで覚えるようなコーナーを担当をしていました。

 
得意のダンスも時より披露しながら、フランス語を伝達されていましたね、

 
撮影自体はフランスで行われていたそうですね(↓)

 

『テレビでフランス語』のコーナーでLES TWINSは、コミカルでハイスキルなダンスを交えて“動詞の活用”や“使えるひとこと表現”をレクチャーする。

撮影は2014年10月に、パリ市内のセーヌ川のほとりや彼らの所属するモデル事務所、行きつけのレストラン、グラフィックアートで有名なストリートなどで行われ、撮影中にはセーヌ川をパトロール中のパリ市警が、LES TWINSに握手を求めエールを送るなどエピソードも。

 
過去にNHKフランス語を見ていた人は、メン・イン・ブラックで彼らを見た瞬間、「あ!」と思ったのではないでしょうか。

まとめ

今回は、

 
●映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」黒人で双子のエイリアン役とは?
 
●映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」黒人で双子のエイリアン役の俳優2人は?
 
●映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」に出演のレ・ツインズの経歴は?

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう