映画『竜とそばかす姫』の白い天使〈As〉の正体(オリジン)を解説します。

天使〈As〉の正体は、恵の弟・知(とも)です。

なぜ、知(とも)が天使〈As〉なのでしょうか。映画と原作の小説の内容からネタバレでまとめました。

【竜とそばかすの姫】白い天使〈As〉とは?

映画『竜とそばかす姫』には、白い天使〈As〉が登場します。

天使〈As〉は手のひらに乗りそうな小さい大きさで、ふわふわと中に浮きながら可愛らしくベルに話しかけていました。

竜の城を知っている唯一の存在であり、竜を探すベルをお城に誘導していきました。

一面の雲海に、ふわふわと浮いているものがある。

「……あ」

天使Asだった。
白くてやわらかそうな翼を、ゆらゆらさせている。

「ソレジャ、イツマデ経ッテモ見ツカラナイヨ」
「あなた……、お城を知っているの?」
「ソレヨリ、僕ト、遊ボウヨ」

天使Asは誘うように身を翻して、行ってしまった。

小説『竜とそばかすの姫』P148~149

一面の雲海に、ふわふわと浮いているものがある。

「……あ」

天使Asだった。
白くてやわらかそうな翼を、ゆらゆらさせている。

「ソレジャ、イツマデ経ッテモ見ツカラナイヨ」
「あなた……、お城を知っているの?」
「ソレヨリ、僕ト、遊ボウヨ」

天使Asは誘うように身を翻して、行ってしまった。

小説『竜とそばかすの姫』P148~149

天使Asについていったベルは、竜が住んでいるお城にたどり着く頃ができたのです。

恐れられている竜の居場所を知っている天使As。一体、正体(オリジン)は誰なのでしょう。

また、竜のオリジンは知の兄である恵(けい)です。

恵がなぜ竜になったのかはこちらに詳しくまとめました。

【竜とそばかすの姫】白い天使〈As〉の正体(オリジン)は?

『竜とそばかす姫』には、白い天使〈As〉の正体をついてネタバレで解説します。

正体と言うのは、〈U〉の世界でいうオリジンということです。

「オリジン」とは、〈As〉を操作する実世界の人物を指します。(ベルなら鈴、竜なら恵にあたります)

天使Asの正体

天使Asの正体は、恵(けい)の弟である知(とも)です。

映画でも原作小説でも、明確に知が天使Asと描かれいるわけではありません、

しかし、作中の描写から「天使As=知」である可能性は非常に高く、ほぼ間違いないと言って良いでしょう。

【竜とそばかすの姫】天使〈As〉が知(とも)の理由

『竜とそばかす姫』の天使〈As〉の正体(オリジン)が知である理由を解説します。

理由は下記5つです。

●竜の城を知っている
●ベルの歌を知っている
●白い洋服とリンク
●竜がとにかく優しい
●竜とともに倒れる

それぞれを深掘りしていきます。

竜の城を知っている

天使Asは竜の城を知っている唯一のAsです。

竜の城には小さな魚のような〈As〉もいますが、彼からにオリジンはおらず、あくまでも人口知能が機械的に対応しているだけです。

つまり、竜の最も近くにいる〈As〉であり、それはそのまま実世界で最も近くにいる可能性が高いといえます。

ベルの歌を歌った

これは決定的な理由ですが、物語の後半で知はベルが竜に向けて作曲した歌を歌っています。

この曲はベル(鈴)と竜(恵)しかしらない曲ですが、なぜか知も歌っていました。

竜と知は実世界で一緒にいるため、知がこの曲を〈U〉ではなくモニター画面越しに聴いていた可能性もあります。

しかし、先程の「竜をし城をしるAs」「ベルの歌を知っている」という2点から、知=天使Asはほぼ間違いないでしょう。

白い洋服とリンク

さらに、天使Asは白くて透明な容姿をしていて、話し方も柔らかい雰囲気があります。

これは実世界の知にそっくりです。知も実世界では全身白の洋服を着ていて、話し方もかなり穏やかです。

〈As〉はオリジンの姿とその潜在能力を生体認証により具現化したアバターであるため、使用する本人と似通っています。

天使〈As〉の雰囲気は知と似ているのは決して偶然ではないでしょう。

竜がとにかく優しい

凶暴な竜ですが、なぜか天使Asには優しいです。

ベルが竜の城に訪れたとき、竜はベルを追い返そうと大声を出します。その様子に天使Asは過敏に反応してしまいますが、すぐに竜が優しく宥めています。

原作小説では下記のように描かれています。

竜が手を開くと、天使Asの両手で抱えた胸がドキドキするように点滅していた。
壊れかけてしまいそうな繊細な声で、天使Asは尋ねた。

「とらぶる……?ネエ、とらぶる……?」
「違ウ。大丈夫。モウ、大丈夫ダカラ……」

竜は、優しい声で、答えた。攻撃的な見た目とは真反対の、繊細思いやりを感じる。

小説『竜とそばかすの姫』P155

明らかに普段の竜を違う対応であり、竜(恵)が〈U〉で素顔を出せる人物は誰か?と考えれば、自ずと知=天使Asになります。

竜とともに倒れる

映画の物語終盤では、ベルが竜の城に助けに向かったとき、竜は地面に倒れ込み、かなり弱っている様子でした。

弱っているのは自警集団「ジャスティス」に攻め込まれた以外にも、別の理由がありそうでした。

ベルが竜の背中を見るとあざがひかり、徐々に広がっていきました。これは実世界で恵が父親から暴言を受けていたからです。

そして、竜のすぐそばでは、同じように天使Asも倒れていました。(映画ではワンカットですが、地面に意識なく倒れている天使Asが映っていました)

知も恵と一緒に父親から暴言を受けていたため、一緒に弱っていたのです。

物語では天使As=知とは明確には描かれていませんが、竜との関係を考えれば、間違いなくそのオリジンは知と考えて良いでしょう。

まとめ

今回は、

●【竜とそばかすの姫】白い天使〈As〉とは?

●【竜とそばかすの姫】白い天使〈As〉の正体(オリジン)は?

●【竜とそばかすの姫】天使Asの正体が知(とも)の理由

これらについてまとめました。

Twitterでフォローしよう