2019年12月13日公開の映画「屍人荘の殺人」。

 
ベストセラーとなった今村昌弘の同名ミステリー小説が原作となります。

 
ある大学の夏合宿で起きた殺人事件を解いていくストーリーですが、犯人は一体誰なのでしょうか。

 
今回はネタバレ要素満載で、映画「屍人荘の殺人」の犯人、犯人役の役者について深掘りしていきます。

映画「屍人荘の殺人」犯人は誰?

 
「屍人荘の殺人」のストーリーは、3つの事件を推理・解決していくミステリーです。

 
結論から説明すると、静原美冬が犯人です。

 
この話は静原美冬が姉のように慕っていた女性を自殺に追い込んだ部員に、復讐していく話になります。

 
第1の事件では、進藤がゾンビに襲われてしまった、恋人である星川麗花を自室にかくまっていた事から始まります。

 
ゾンビ化した星川が進藤を襲って殺害してしまいます。

 
その様子をたまたま目撃した犯人が、部屋の内外にメッセージを残しました。

 
メッセージが残されていた事によって、犯人は人間であると思い込ませ、自分のアリバイを作ったのです。

 
第2の事件では、生きている立浪とゾンビ立浪を2度殺害していますが、実は2回引導を渡す事に大きな意味がありました。

 
何故犯人は危険な思いをしながらそんな事をしたのでしょうか。

 
実は、立浪は過去に妊娠をしていた映研の女子部を捨て去った卑劣な一面がありました。

 
犯人は、母子それぞれの仇を討つ為に立浪に2度の終焉を与えたのです。

 
第3の事件では、ゾンビ化した人間の血を七宮の目薬にこっそりと入れておいたのです。

 
感染症法を使った、実にあっさりした殺人です。

 
目薬に血を入れるだけなので、目立つ事なく行動できたわけです。

 
死んだ3人に共通するのは、自殺した映研の女子部員に関係があるという事。

 
3人を殺す動機があるのは静原美冬だだ一人でした。

映画「屍人荘の殺人」犯人の静原美冬役の女優は?

犯人の静原美冬を演じていた女優さんは、最近注目になりつつある、山田杏奈さんです。

 
2011年にちゃお☆2011年オーディションでグランプリを受賞し、アミューズに所属しました。

 
SNSゲーム[城とドラゴン]のCMシリーズ[荒野編]に出演し、一躍山田杏奈の存在を世間に広めました。

 
更に、フジテレビ系列で放送中の[痛快TVスカッとジャパン]に出演し、可愛い美少女ぶりが評判になりました。

 
番組終了後には、神回と絶賛されたほどです。

 
この番組で注目された事が、ブレイクのきっかけになったのでは?

山田杏奈の経歴とプロフィールまとめ

 
コミック雑誌[ちゃお]のイメージモデルとして、10歳でデビューした山田杏奈さん。

 
2015年にまんが[12歳。]の実写ドラマで初主演。

 
2016年に[TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ]で映画初出演。

 
2018年には[ミスミソウ]で映画初主演するなど、注目の新人女優として大活躍しています。

 
山田杏奈さん、実は可愛くて美人なだけではないんです!

 
出身高校は、埼玉県内で6位にランクインするほどの進学校なんです。

 
偏差値72の難関校だそうです。

 
中学生の時に熱心に勉強したそうで、学校がある日は帰ってから5.6時間、休日は12時間も励んだそうです。

 
勉強だけ、仕事だけと決めずに、両方やろうと決めた以上、きちんと頑張ろうと決めていたそうなんです。

 
難関校に通いながら、仕事も両立して頑張っていた山田杏奈さんは、かなりの努力家でもあったのかもしれません。

 
そんな努力家な山田杏奈さん、今後の活躍にも期待したいです。

まとめ

今回は、

 
●映画「屍人荘の殺人」犯人は誰?
 
→静原美冬です。姉のように慕っていた部員を死に追いやった人物3人を殺害ます。

 
 
●映画「屍人荘の殺人」犯人の静原美冬役の女優は?
 
→山田杏奈さん。大手芸能事務所アミューズに所属しています。

 
 
●山田杏奈の経歴とプロフィールまとめ
 
→2018年には[ミスミソウ]で映画初主演。高学歴でもある才色兼備な美女です。

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう