Pocket

マーベルの新ヒーロー、ブラックパンサーがの単独映画が2018年3月1日に公開されます。

ブラックパンサーの映画初登場は2016年に公開された映画でしたね。

そこから約2年の時を経て、単独映画で再登場が決まっています。

ブッラクパンサーは登場して日が浅いこともあり、キャラクターとして謎の部分が非常に多いですね。

もちろん、今回の単独映画でエピソードが披露されることが予想されますが・・・。

しかし、出身地である「ワカンダ王国」の場所くらいはきちんと把握しておきたい!というファンも多いはずです。

ん?

ワカンダ王国?

ブラックパンサーの出身国のようですが、実際には存在する国なのでしょうか?

モデル国等があるのでしょうか?

気になったため、早速調べてみることにしました。

スポンサーリンク

ブラックパンサーが生まれたワカンダ王国とは?

ブラックパンサーはワカンダ王国の出身です。

面白いのは他のマーベルのキャラクターは基本は欧米出身が多い中、アフリカという地域をメインに活動している点です。

同じマーベル出身のスパイダーマンは高いビルをよじ登っているイメージがありますからね(笑)

シリーズ最強といわれているキャプテン・アメリカは、名前にもう「アメリカ」がついています。

もちろん、グローバル化進んでいますから、あらゆる地域にヒーローが存在するのは素敵なことです。

また、ファンや鑑賞者からすれば様々なバックグラウンドを持ったヒーローがいた方がストーリーの幅も広がって面白いと思いますね。

話が少し逸れてしまいましたが、ワカンダ王国の場所について調べていくと「アフリカの奥地」と定義付けられています。

さて、そこの場所はどこなのでしょうか?

私自身があまりアフリカ園には詳しくないため、調べていきたいと思います。

 

ワカンダ王国はアフリカに実在する?

ワカンダ王国を早速、グーグルで検索してみましたが、全く出てきません。

・・・なぜ?

不思議に思い調査を続けていったところ、どうやらワカンダ王国はマーベル内での架空の国のようです。

実在しているという疑問はこれで解消できました。

しかし!

架空ながらも、ドラマ「エージェンド・オブ・シールド」に場所は定義されていました。

このドラマは同じマーベルのアベンジャーズのスピンオフとして放送されたものですので、ソースとしても間違いなさそうです。

実際に放送された時の画像は下記となります。

https://geektyrant.com/news/agents-of-shield-wakanda-easter-egg-and-3-videos-with-peggy-carter-the-howling-commandos-absorbing-man

 

https://geektyrant.com/news/agents-of-shield-wakanda-easter-egg-and-3-videos-with-peggy-carter-the-howling-commandos-absorbing-man

 

https://geektyrant.com/news/agents-of-shield-wakanda-easter-egg-and-3-videos-with-peggy-carter-the-howling-commandos-absorbing-man

 
場所でいうとナイジェリアとカメルーンの南側に位置していますね。

しかし、実際にこの場所は「ガボン共和国」となりますので、ワカンダ王国は架空で間違いありません。

この位置は完全にジャングルになっており、グーグルマップでも詳細は不明でした。

 

ワカンダ王国のモデルはどこ?

スポンサーリンク

ワカンダ王国が実在しないことはわかりましたが、モデルとなる国があるのかは気になりますね。

まずは、ワカンダ王国の特徴をあげていきましょう。

・アフリカ大陸に存在
・実際はガボン共和国の位置
・国王が統治
・ヴィブラニウムが大量発生(原産国)
・ヴィブラニウムにより科学技術が発達
・ヴィブラニウムにより経済力が安定

ざっとあげるとこれくらいでしょうか。

なんといっても最大の特徴は発展途上国が多いアフリカ圏において、科学技術が進歩しており、経済的にも余裕があることがあげられます。

この映画を見ている人にはわかりますが、ヴィブラニウムという特殊な金属であり物語では最強といっていい素材です。

キャプテン・アメリカの円盾に使用されている材質でもあるのです。

もちろん、架空の材質ですから注意してくださいね。

また、国王が統治している点も見逃せません。

実際にアフリカで国王が統治しており、かつ、何かしらの原産国である国を探しましたが、ピンとくる国はなさそうです。

ちなみに、南アフリカはダイヤの原産地として有名であり、ボツワナ、アンゴラ、リベリア、タンザニアなどがあげられています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事