2019年4月26日に映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」が公開され、多くの主要キャラクターが卒業しました。

 
マーベルではエンドゲームでフェイズ3が終わり、2019年8月公開の映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」からフェイズ4という次世代がスタートします。

 
すでにマーベルでは2025年まで計画を公表しています。

 
エンドゲーム後にアベンジャーズのリーダーになるのは誰なのでしょうか。

 
今回はエンドゲーム後のフェイズ4の新リーダーについて考察していきます。

 

アベンジャーズのエンドゲーム後で卒業するキャラクターは?

まず、エンドゲーム前の主要キャラクターについて整理し、卒業について考察していきましょう。

・トニー・スターク/アイアンマン

・スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ

・ソー

・ブルース・バナー/ハルク

・ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ

・クリント・バートン/ホークアイ

 
上記6人はエンドゲームをみればわかりますが、フェイス4は主要キャラクターとしての登場はほぼないかなと思います。

 
エンドゲームでトニーとナターシャは命と引き換えに地球を救い、他の4人もそれぞれの道を歩みました。

 
スティーブは本来生きるべき1900年代初頭に戻り、ソーはアスガルドの王の座を譲り、ブルースはハルクと一体化して柔和になりました。

 
クリントは、アベンジャーズ2にあたるエイジ・オブ・ウルトロンのときからS.H.I.E.L.D.引退をほのめかし、家族との生活を優先させたい雰囲気があり、彼もまた第一線を退く形になりそうです。

 
ただ、ソーに限っては、エンドゲームの最後に「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のクイル達とともに宇宙の旅へ飛び出しており、出演はあるかもしれません。

 
現実的な話だと、エンドゲームを持って、上記キャラクターの俳優陣とマーベルの契約が切れます。

エンドゲーム後に契約が切れる役者陣
・ロバート・ダウニーJr(トニー・スターク/アイアンマン)

・クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)

・クリス・ヘムズワース(ソー)

・マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク)

・スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)

・ジェレミー・レナー(クリント・バートン/ホークアイ)

 
役者として非常に人気である6名であるため、他作品でのオファーは絶えないと思います。

 
クリス・エヴァンスはすでに自身でアベンジャーズからの引退を公言しており、復帰は難しいのかなと思います。

 

 
ロバート・ダウニーJr、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロの3人の今後は不明であり、一度契約を満了させて、契約を再度更新するという可能性もゼロではありません。

 
クリス・ヘムズワースが契約を更新したというニュースは出ていませんが、下記のように本人は意欲を示しており、現在は交渉中かもしれません。

 
先ほどにも記載しましたが、ソーは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のクイル達と合流しており、公開が予定されている「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3」への登場は十分にあり得る話です。
 


 
現時点では、スカーレット・ヨハンソンはブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフの単独映画が決まっています。

 
この物語はアベンジャーズに参加する前の話を描いており、時系列だと2006年ごろのストーリーです。

 
ナターシャもエンドゲームで亡くなったキャラであり、今後の基軸ストーリーへの参加はないと思われます。

 
スカーレット・ヨハンソンが主演するナターシャこと、ブラック・ウィドウの単独映画については詳しくは下記をどうぞ。

 
2020年夏の公開を目指しているようです。

 
ジェレミー・レナーもクリント・バートン/ホークイでの単独の連続ドラマで続けたいと意欲をしめしています。

 
実際、下記のような報道が出ており、あとは時間の問題かもしれません。

 

映画『アベンジャーズ』シリーズのホークアイを主人公にしたドラマシリーズ企画が正式に進行中だとVarietyなどが報じた。

2011年の『マイティ・ソー』から弓の達人であるクリント・バートン=ホークアイを演じてきたジェレミー・レナーが続投する。

 
内容は、物語の中で、彼の若き弟子であるケイト・ビショップへとホークアイの名を引き継ぐことが予定されています。

 
原作コミックでは、ケイト・ビショップはホークアイを名乗る初の女性キャラであり、師弟関係が描かれています。
 

アベンジャーズのエンドゲーム後の新リーダーは誰?

次にアベンジャーズの基幹メンバーだった6人が第一線を退いた後、フェイズ4ではどのキャラクターが新リーダーとして活躍するのでしょうか。

 
フェイズ3まではトニー・スタークがカリスマ性と頭脳で作戦を立て、スティーブ・ロジャースが戦闘で指揮という2人が良いバランスで中心にいました。

 
もちろん、残りの4人のキャラクターもうまく個性が際立っており、バランスが取れたチームでした。

 
フェイズ4以降では既存のキャラクターがどのように変化していくのか注目です。
 

フェイズ4の中心キャラクター

エンドゲーム後の中心のキャラクターは下記でしょう。

 
フェイズ3で活躍をした基幹6人以外のキャラクターとなります。

・ピーター・パーカー(スパイダーマン)

・スティーヴン・ストレンジ(ドクター・ストレンジ)

・ティ・チャラ(ブラックパンサー)

・スコット・ラング(アントマン)

・キャロル・ダンヴァース(キャプテン・マーベル)

・サム・ウィルソン(ファルコン)

 
サム・ウィルソン(ファルコン)はそこまで強くないといわれていますが、エンドゲームの最後にスティーブの盾を引き継いでおり、これから成長していくのでしょう。

 
バッキー・バーンズ(ウィンター・ソルジャー)やスカーレット・ウィッチ(ワンダ・マキシモフ)、ジェームズ・“ローディ”・ローズ(ウォーマシン)は強いキャラクターですが、これまでのエピソードからも主要キャラにはならないと思われます。

 
しかし、すでにドラマでの放送が確定しており、まだまだアベンジャーズの物語は終わりません。

 
スカーレット・ウィッチは、ヴィジョンとのドラマが放送されることが決まっています。

 
タイトルは「ワンダヴィジョン」。

 
ヴィジョンはエンドゲームで復活していないため、インフィニティー・ウォー前の隠居をしていた2年間が描かれていると思われます。

 

「ワンダヴィジョン」でスカーレット・ウィッチ&ヴィジョンを演じるのは、もちろんエリザベス・オルセン&ポール・ベタニー。

全6時間の作品となる予定で(おそらく全6話構成)、撮影は2019年秋から始まるという。

オルセンは各エピソードの内容までは知らされていないようだが、「すごく楽しい作品になると思います。

ポール(・ベタニー)も私も、すごく楽しみにしているんですよ。

素晴らしい脚本家の方たちがいますしね」と期待を口にした。

 
バッキーことウィンター・ソルジャーはファルコンとダブル主演でドラマ化が決まっています。

 
タイトルは「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」。

 
この2人はそれぞれ、スティーブを中心にして仲を深めており、どんな連携を見せてくれるのか楽しみですね。

 
サム・ウィルソン(ファルコン)役のアンソニー・マッキー、バッキー役のセバスチャン・スタンはかなり仲も良いようです。

 

これまでアンソニー&セバスチャンは、インタビューでスピンオフ作品の実現を望んでいた。

二人は“実現するなら『48時間』(1982)のような作品”だと声を揃えており、アンソニーは「最終的にお互いを3, 4回ボコボコにするんです、もう目に見えますよね」。

セバスチャンは「絶対できるでしょ」と熱意を明かしていたのである。

 

フェイズ4はスパイダーマンがリーダーになる

フェイズ4はスパイダーマンこと、ピーターパーカーが中心のメンバーになると思われます。

 
メディアからの取材でマーベルのファイギ社長が下記コメントを残しています。

 

「私たちの手を取って、次なるMCUの具現化に導くのは誰なのか。

それも地に足の着いた、リアリスティックな方法でね……ピーター・パーカー以外にいるかな?」

 
インフィニティー・ウォー、エンドゲームでは、トニーとピーターの絆も非常に強く描かれていました。

 
トニーはピーターに特殊なスーツを作ってあげたり、非常に親身なっていましたね。

 
ピーターはそこまで傲慢なキャラではないですが、自由な雰囲気はそっくりであり、トニーの後釜としては相応しいでしょう。

 
また、マーベルには少ない純粋な地球の人間であり、そのような親近感もファンを惹きつけると思います。

 
興行面でもスパイダーマンは非常に人気であり、これまで何度も映画化をされており、安定して興行収入を誇っています。

 

フェイズ4ではキャプテン・マーベルの登場も多い?

ナターシャことブラック・ウィドウはすでに亡くなっているため、今後は女性の主要キャラとしてキャプテン・マーベルことキャロル・ダンヴァースの出番も多くなると思います。

 
エンドゲームを見た人はわかると思いますが、キャプテン・マーベルの強さはチートであり、サノスがストーンの力を使ってやっと一発殴れたほどです。

 
勢いよく突っ込むだけでサノスの宇宙戦艦も破壊しており、はっきりいって無敵です。

 
空を飛べる数少ないキャラクターでもあり、重宝されることは間違いありません。

 
マーベルとしてもライバルのDCコミックが「ワンダー・ウーマン」という女性ヒーローを確立させたため、同じように強さを武器にした女性ヒーローは欲しいと思います。

 
そう考えると、エンドゲームでも大きな活躍を果たしたキャプテン・マーベルの出番が今後増えていくことは間違いないと思います。

 

フェイズ4の中心キャラクターの役割

ざっとですが、考察するこれからの中心キャラクターの役割をまとめてみました。

 

人物ヒーロー名役割旧主要だと・・?
ピーター・パーカースパイダーマンカリスマ・自由奔放トニー
スティーヴン・ストレンジドクター・ストレンジ頭脳ブルース
ティ・チャラブラックパンサー統率スティーブ
アントマンスコット・ラング潜入ナターシャ
キャプテン・マーベルキャロル・ダンヴァースチート(強さ)ソー
サム・ウィルソンファルコン遠隔・操縦クリント

 
各キャラクターごとの設定はありますが、大まかに分けるとこのようになると思われます。

 
ブルースは常人とハルクでのキャラに変化がありすぎましたが、あくまでも頭が良いキャラであり、そこは「頭脳」としています。

 
個人的には映画が大ヒットしたブラック・パンサーことティ・チャラが今後はより多く台頭するのではないかと予想しています。

 
ワカンダという国を率いており、そこでは最強の素材であるヴィブラニウムから武器を作ることも可能であり、重宝されることでしょう。

 
映画「ブラック・パンサー2」は確定とも言われており、今後が楽しみですね。

 
他にも第二作では「ドクター・ストレンジ2」、「キャプテン・マーベル2」もほぼ決まっていると予想されるため、キャラクターの背景もより深く知ることができそうです。

 

まとめ

今回は、

 
●アベンジャーズのエンドゲーム後で卒業するキャラクターは?
 
●アベンジャーズのエンドゲーム後の新リーダーは誰?

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう