山崎豊子さんの小説「白い巨塔」。

 
2019年には岡田准一さん主演で再びテレビドラマされています。

 
作中では大河内教授(役:岸部一徳)が、医学学部長の鵜飼より偉そうなシーンもあり、理由が気になる人も多いと思います。

 
大河内教授の役職や立場について改めて整理したいですね。

今回は、白い巨塔の大河内教授が鵜飼医学部長より偉い理由を、役職や立場などを踏まえて深堀りしていきます。

【白い巨塔】大河内教授の役職と立場は?

作中では、大河内教授が鵜飼医学部長よりも立場が上かと思うような発言が多いです。

 
その立ち振る舞いや態度に疑問を抱く人もいるでしょう。

 
まず初めに2人の浪速大学医学部における役職を確認します。

 
小説やテレビドラマなどで役名や役職は若干設定が異なるため、2019年テレビドラマの内容に統一をします。

 
●大河内恒夫:浪速大学医学部病理学科・教授(役:岸部一徳)
●鵜飼裕次:浪速大学医学部部長(役:松重豊)


 
大河内は教授、鵜飼は学部長のポジションにいます。

 
どちらが偉いのかと学部長のため、役職では、「鵜飼〉大河内」となります。

 
一般的には大学ないでは、下記の序列になります。

他にも役職はありますが、代表的な役職のみ記載しています。横の○が偉い順です。

 
①学長
②学部長
③教授
④准教授
⑤講師
⑥助教

 
白い巨塔では、医学部内での出来事のため、①学長は関与せず、②〜⑥の役割で物語が進んでいきます。

 
ちなみ、財前五郎(役:岡田准一)、里見脩二(役:松山ケンイチ)は同期でともに准教授になります。

 
学長を社長にすれば、学部長は一般企業でいう取締役、教授は執行役員にあたります。

 
教授になるには白い巨塔にあるように、「医学部○○科」内で教授選に勝ち上がる必要があります。

 
一方で、学部長になるには「医学部全体」での推薦・選挙となるため、より人選が吟味されていきます。

 
特に白い巨塔の場合は財前を筆頭にエリート揃いの人間のため、非常に熾烈な派閥争いが繰り広げられるわけです。

【白い巨塔】大河内教授が鵜飼医学部長より偉い理由は?

では、なぜ、医学部長の鵜飼に対して、教授の大河内は偉そうにしているのでしょうか。

 
理由は下記3つです。

 
①前医学部長
②病理学の権威
③年齢が上

 
それでは、各項目ごとに解説していきます。

【理由①】前医学部長

一つ目は、大河内教授は、鵜飼医学部長の前の医学部長だからです。

 
つまり、今は役職こそ違いますが、大河内教授は鵜飼医学部長の前任にあたります。

 
大学や政治の世界ではこのように見えない序列はあり、役職や対外的には「鵜飼〉大河内」ですが、学内での権力は逆転しているというパターンです。

 
白い巨塔の中では逆転までとはいえないですが、対等、もしくは対等より少し大河内教授が上?と思うシーンもしばしばあります。

 
また、元医学長であれば、他大学も含めて人脈が豊富であり、学内にも非常に顔がきく存在。

 
特に大河内教授は、原作では奈良の大仏のような堅物」と評されるほど清廉高潔な医学者であり、学内でも味方が多いです。

 
鵜飼医学部長も心の内では「目の上のたんこぶ」と感じているでしょうが、怒らせてはいけない相手というわけです。

 
よって、丁寧に接しなければならない相手になります。

 
一方で、大河内教授も前医学長として学部に尽くしてきた経緯から、不正などを行うことは許せず、常にアンテナを張り、鵜飼医学部長へ意見をしているわけです。

【理由②】病理学の権威

2つ目の理由は、大河内教授が病理学の権威的な存在だからです。

 
原作では「大河内が癌と診断すれば癌になり、癌でないと診断すれば癌でなくなる」といわれたほどの存在です。

 
日本の学術賞として最も権威のある学士院恩賜賞の受賞者でもあり、浪速大学におさまらない日本有数の人材です。

 
その実力や人柄により、本人が政治的な動きをしていなくとも、学部内では非常に味方や影響力がある(=権力がある)存在です。

 
政治的な動きが多い大学病院の中で、清廉高潔な医学者と評されています。

 
作中では、教授選に公正を期すために選考委員に名乗りあげるなど、自身の影響力を正しい方向に使う数少ない人物です。

 
余談ですが、財前や里見の病理学教室時代の恩師にもあたる人物です。

【理由③】年齢が年上

3つ目は、前医学長であり、年齢も大河内教授よりも上だからでしょう。

 
国立の医学部長を務めると、定年は5年延びるそうです。

 
つまり、学部内では最長老であり、上記のように権力もある存在なのです。

 
小説では東教授(役:寺尾聰)は定年退官とされていますが、大河内教授と鵜飼教授(学部長)は「退陣」という言葉が使用されています。

【白い巨塔】大河内教授がかっこいいと話題

作中では大河内教授の立ち振る舞いがかっこいいと声をあげる人が多いです。

 
白い巨塔では、私利私欲にまみれた教授選が繰り広げられていきますが、その中で「公平性」を期すために自らも選考委員へ名乗り出ます。

 
小説では東教授が推薦をした菊川に票を投じますが、授会での投票で決選投票と決まったときは、選挙運動の横行を懸念して投票の即時実施を提言するほどです。

 
(結果的にそれは鵜飼医学部長によりストップがかかる)

 
他にも、大河内がかっこ良いといわれるエピソードが多数あります。

 
・財前がの菊川への辞退強要疑惑を晴らそうと自ら大河内の所へ足を運ぶ事ができず、里見に自身の誤解を解いてもらうよう懇願する存在

 
・財前が誤診して死亡した佐々木庸平の解剖を大河内が行ったのを知った途端に慌てふためくほどの存在

 
・財前と佐々木の裁判では裁判では第一審、第二審共に鑑定人として出廷し、私情を交えず病理解剖の所見について厳正無私な態度を貫く

 
・裁判で証言して身を追われた里見に、近畿がんセンター第一診断部次長(2003年版では千成病院内科医長)のポストを紹介する

 
上記の大河内教授のかっこいいエピソードのまとめについて、詳しく知りたい人はこちらをどうぞ。

まとめ

今回は、

 
●【白い巨塔】大河内教授が鵜飼医学部長より偉い理由は?
 
●【白い巨塔】大河内教授の役職と立場は?
 
●【白い巨塔】大河内教授がかっこいいと話題

 
これらについてまとめました。

 
以上となります。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterでフォローしよう